地方公務員になるには? 試験の種類や年収は? 2ページ目

編集部:いとり
2017/01/30
仕事を知る
あとで読む
■地方公務員の試験問題はどのようなもの?


一般的に地方公務員の採用試験は1次試験と2次試験に分かれていますが、その内容は地方公共団体ごとに異なります。今回は東京都の「I類B」の採用試験の内容を例に挙げてみました。

●1次試験
・教養試験(一般教養についての五肢択一式)
・専門試験(職務に必要な専門知識についての記述式)
・論文(課題式)

●2次試験
・口述試験(人物についての個別面接)

東京都の「I類B」の採用試験はこのような試験内容になっています。続いて試験問題の内容ですが、一般教養の問題は社会や地理、数学など幅広い範囲の問題が出題されます。また、教養問題の中でも社会問題や行政に係る政策などみなさんがこれまで受けてきた一般的な学力試験とは少し毛色の異なる問題も多く出題。そして専門試験では、その職務に重要となる知識を測るための、より専門的な問題が出題されます。

地方公務員の試験時間はそれぞれ約2時間。それだけ時間のかかる問題、また難しい問題が出されるということです。

「平成28年地方公務員給与実態調査結果等の概要」によると、地方公務員の諸手当を合計した給料の平均は32万1,689円となっています。この平均年収を踏まえボーナスなどを試算すると、平均年収は約590万円とサラリーマンの平均年収を大きく上回っています。こうした収入面を考えると、やはり地方公務員は魅力的な部分が多いと言えそうです。地方公務員採用試験のプロセスや概要をしっかりと覚えておき、入念に勉強して、ぜひ合格してください。

参考:東京都職員採用ページ
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/
参考:平成28年地方公務員給与実態調査結果等の概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000391686.pdf

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催