「ご覧になられた」はNG! ついやってしまう敬語ミス、気をつけたいポイント3選 2ページ目

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

■二重敬語でも許される場合がある!

しかし、言葉とは不思議なもので、多用されている間に「その使い方もOKにしましょう」となることがあります。二重敬語の中でも、定着しているから慣用的にOKというものがあるのです。たとえば、以下のような場合です。

◯お召し上がりになった。

「召し上がる」は「食べる」の尊敬表現で、それに「お◯◯になる」という尊敬表現をかぶせています。ですが、この場合は二重敬語で誤用とはされないようです。

◯お伺いします。

これも「伺う」という謙譲語に、「お○○する」という尊敬表現をかぶせています。でも、やはり二重敬語ではないとされるようです。二重敬語はたいてい駄目なのですが、このような表現は許容されるのです。やはり敬語は難しいですね。

■電話の話し言葉に気を付けて!

取引先と電話で話している場合につい出てしまう表現の中にも、正確には「誤用」となるものがあります。

☓もしもし、株式会社◯◯◯でございます。
◯はい、株式会社◯◯◯でございます。

これは敬語ではありませんが、電話番を任された新入社員にありがちな失敗なので取り上げます。「もしもし」は相手に対する呼び掛けの言葉です。かかってきた電話で相手のいることが分かっているのですから、「もしもし」と電話に出るのはおかしいですね。

☓山田課長は離席しております。
◯山田は離席しております。

「課長」「部長」などの肩書はそれ自体に「尊敬表現」が入っているとされます。ですから、外からかかってきた電話に対して、身内の人間に肩書を付けて話してはいけません。「山田は……」という話し方をしましょう。

いかがだったでしょうか。頭で理解していても実際に身に付いていなければ役に立たないので、実際の会話のなかで正しい敬語を使っていくことが大事です。

(高橋モータース@dcp)

※7月11日(月)一部記事を修正いたしました。

2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催