社会人女性が実践! 防犯対策でやっている自分なりの護身術 2ページ目

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

■自転車に乗りながら絶叫する(22歳)

一歩間違えば、不審者と勘違いされてしまいそうな……。

■エレベーターは降りたい階以外にも複数押して、カモフラージュする(29歳)

自宅が何階かをわからないようにする護身術。ストーカー対策になりそうですね。

■常に催涙スプレーを持ち歩いている(28歳)

防犯ベルを持ち歩いているという女性もたくさんいました。夜道が不安な女性は、防犯グッズを携帯するのもありかも。

■指を思い切り反対側にねじる。そのあと正面からお腹を蹴る(28歳)

これぞ護身術!という感じですが、犯人を刺激して危ない目にあう可能性もあるので、助けを呼んだり、逃げたりする選択肢も頭に入れておいてください。

■常にマスクをつけて、顔をはっきりさせないようにしている(33歳)

これもストーカー対策には効果を発揮するのかも。ちょっとした変装は芸能人だけの話ではなくなっているようです。

世の中の女性たちは自分の身を守るために、さまざまな対策をしていることがわかりました。「自分の身は自分で守る」という意識が、女性たちの中にあるということでしょう。しかし、なによりも女性が安心して外を歩けるような、安全な日本社会になってほしいものです。

(宮崎智之+プレスラボ)

マイナビ学生の窓口調べ

調査対象:マイナビウーマン会員
調査期間:2015/3/25〜2015/3/30
調査人数:社会人女性312件

2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催