海外旅行では要注意! 日本ではOKでも海外ではNGなマナー違反12選 3ページ目

編集部:はまみ
2016/11/28
学生旅行
あとで読む
目次
  1. 1.鼻をすする
  2. 食文化の違いも要注意!
  3. 一番注意すべきは宗教観の違い!
  4. 他にもこんなマナー違反が!

■これだけ違う宗教観


先述しましたが、海外のマナーと宗教はもう切っても切れない関係です。海外旅行の時も知っていると知らないとでは雲泥の差。場合によっては「知らなかった」では済まされない場合もあるため、充分に注意する必要があります。

9.殿方を惑わせてはいけない

特にイスラム圏に多いのですが、肌を露出する服装は避けましょう。これはイスラムの教えで「人はすぐにハマってしまう弱い生き物なのでドキドキするものは隠した方がいい」というもの。国によって差があり、タンクトップすがたの女性も多く見られる国もあります。それでも、宗教施設に入るときはスカーフで髪や肩を隠すのが通常です。これは男性のハーフパンツもしかり。宗教施設へ入るときは、きちんと長いパンツを履きましょう。タイやインドも同様。旅行させて頂いてるのはこちらの方なので、他国の神様を冒涜する事は控えましょう。

10.子どもの頭を触ってはいけない

アジアは一般に子どもをベタベタに可愛がり、「神様からの授かりもの」として短くも愛おしい時間を大切にしようとします。しかしこれに対し、欧米は「子供は未完成なもの」というイメージがあり、大人とは一線を引きます。レストランで、子どもが同席できないお店が多いのはそのためでもあるのです。タイでは子どもの頭は神様が宿る大切な場所とされ、他人がむやみに頭をなでてはいけません。とはいえ、タイ大使館のwebサイトを見ると、「小さな子どもの頭をなでてかわいがるのは問題ありません。」とあります。逆に、大人の頭を触る方が問題があるようです。

次のページ他にもこんなマナー違反が!

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催