実録! 単位不足で卒業できなかった現役大学生3人のリアルボイス【学生記者】

山D
2016/11/12
入学準備・新生活
あとで読む

こんにちは! 横浜国立大学のやまDです。
秋学期の授業が始まり、もうそろそろ2カ月近くが経ちそうですね。4年生は「単位も取りきったし、卒業まではあと論文だけ!」という人もいれば、「単位が残っていて4年生だけど毎日、大学行っています!」という人もいると思います。

「大学の講義なんて適当に出てれば大丈夫でしょ!」
「単位はちょっとくらい落としても問題ない!」
「人生の夏休みを謳歌するために遊びまくっています!」

なんて声も聞こえてきそうですね。しかしみなさん、油断は禁物です。単位はしっかり取り切りましょう! 卒業要件を満たしたか、しっかり確認しましょう。今回は単位不足のため、残酷にも卒業できなかった3人の大学生の話をしたいと思います。卒業を間近に控えた4年生はもちろん、下級生のみなさんも単位について考える機会になればと思います。

▼山Dさんが書いた記事をもっと読む!
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/299

―卒業前に抜け漏れを知ったAさん―

就職活動も早々に終了して後は卒業するだけという状態だったAさんは、残りの学生生活を謳歌すべく、秋学期期間は趣味の旅行や地方でのボランティア活動などを満喫する日々を送っていました。単位も1年生から真面目にコツコツ取得してきたため、日々単位の心配もせずに好きなことに打ち込む生活。そんなAさんへ大学から卒業間際にとある通知が届きました。そこには卒業要件を満たしていないため、卒業できないという旨が記されていたのです。

◆見逃していた卒業要件

なんとAさんは卒業要件に必要な科目群の1つを見逃してしまっていたのです。単位数を満たしていても卒業要件をクリアできておらず、結局その年に卒業することができませんでした。Aさんは要領がよく、真面目な学生だったので、まさか単位不足で留年するなんて想像できなかったと周囲の友人達は口にしていました。

◆Aさんのその後

そしてAさんをさらなる悲劇が襲います。Aさんが卒業できないことが分かると、4月から入社する予定だった会社から内定を取り消されてしまったのです。いわゆる内定取り消しというやつですね。その後、5年目の大学生活を始めたAさんは取り残した単位を取得するために大学に通うと同時に2度目の就職活動をスタートさせました。卒業に必要な単位が通年科目だったということで1年分の学費を払う苦しい生活になってしまいましたが、それでもAさんは単位取得と内定獲得を目指して、前を向き続けました。

◆留年したことで自分を見つめ直せた

2度目の就職活動も無事に終了したAさんは、2度目の就職活動を経て、1度目の就職活動で内定を受理した業界とはまったく違う業界に進むことにしたそうです。「1年間いろいろあって人生を考えていくうちに、価値観や自分が本当にやりたいことが見つかった」と語るAさんも現在は無事に卒業し、社会人として働いています。
このように卒業まで余裕だと思っていたら卒業数週間前に思わぬ形で留年を通知さることがあるので、卒業要件を満たしているかは何度も確認したほうがよさそうですね。卒業間際に留年を通知されたAさんの場合とは異なり、秋学期早々に卒業ができないと知った人もいます。それがBさんです。

—秋学期開始時点で留年が確定したBさん—

夏休み明けに久しぶりに大学に足を運んだBさんは青ざめていました。卒業要件を満たせていないと気付いたからです。Bさんは急いで履修登録について事務室に問い合わせに行きましたが、そこで驚愕の事実に直面します。

◆通年一括登録の罠

Bさんの通っていた大学は春学期にまとめて履修登録を済まし、それ以降の追加登録は受け付けていないというのです。つまり、Bさんはこの時点で卒業要件不足に気付きながらも追加登録することができず、単位不足で留年することになってしまったのです。

◆Bさんの春学期

Bさんは春学期の履修登録時に卒業要件まで単位が足りていないことに気付き、何単位か落としても大丈夫なように必要単位数よりも多めに履修登録をしていました。しかし、長引く就職活動によって、春学期の単位を想定していた以上に落としてしまいました。その結果、余裕を持って多めに履修をしていたBさんでしたが、惜しくも2単位足りない状態で秋学期を迎えたのです。

◆その後のBさん

結局、Bさんの追加登録は認められず、泣く泣く留年することになりました。もちろん内定先にも内定を取り消され(形式上は内定辞退)、Aさん同様5年目の大学生活と再びの就職活動を余儀なくされました。しかし、そこからBさんは不足分の2単位を取りつつ就職活動を並行して行い、無事に内定を獲得。現在は最後の学生生活をエンジョイすべく、国内旅行や海外旅行をするためにアルバイトに打ち込んでいます。今度こそ最後の学生生活を満喫してほしいですね。

卒業できずもう1回就職活動をしなければならなかったAさんとBさんのような人もいれば、留年が確定してしまっても内定取消しにならずに済んだ人もいます。それがCさんです。

次のページ卒業間際に単位を落としたCさんのケースは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催