大学の学費は4年間でどれくらいかかる? 国公立と私立の比較と諸経費について

編集部:ろみ

お気に入り!

あとで読む

大学の学費は4年間でどれくらいかかる? 国公立と私立の比較と諸経費について

大学の学費は、「国公立は安く、私立は高い」というイメージがありますよね。実際のところはどうなのでしょうか。そしていよいよ大学受験が近くなってくれば、受験料や入学金の準備も気になるところ。もちろん大学生活が始まれば、今度は交通費やら下宿代にサークルなどの活動費…!目が回ってきそうです。大学進学を考えている学生さんや親御さんは、本記事を参考に、どれくらい資金を工面する必要があるのかなど、チェックしてみてください。

▼こちらもチェック!
【奨学金のトリセツ】そもそも大学の奨学金とはどんな制度? 種類や返済方法など必ず知っておきたい奨学金のハナシ

まずは受験!意外にかかる受験料

まず大学を受験するための受験料について解説します。

・共通テスト(3教科以上):1万8000円
・共通テスト(2教科以下):1万2000円
・国公立大の個別学力検査:平均1万7000円程度
・私立大一般入試:3万5000円程度
※共通テストの成績開示を希望する場合は、受験教科数に関係なく800円の手数料がかかります。

大学受験にあたっては本命・第2志望・第3志望…といくつも受験するケースが多いため、交通費も含めると意外にかかってしまいますね。

大学の学費の内訳について

大学に合格!となったらいよいよ本格的な学費が必要となってきます。入学金をはじめとした初年度納付金から見ていきましょう。

初年度納付金について

文部科学省が「国公私立大学の授業料等の推移」ならびに「私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)」について調査したデータがあります。この平成30年度版では、以下のようになっています。

初年度納付金の目安
(平成30年度の国公立大、私立大昼間部の平均額/単位:円)
初年度納付金の目安 (平成30年度の国公立大、私立大昼間部の平均額)

※1 文部科学省令による標準額。ただし、国立大の法人化により、学費については大学間で差が出てきている。
※2 入学料は地域外入学者の平均額。

▶データ出典(1):文部科学省 「国公私立大学の授業料等の推移」
▶データ出典(2):文部科学省「平成30年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」

「私立医歯系学部」では、初年度だけでも500万円近くが必要になります!それ以外の大学学部では、おおむね80万円〜150万円が初年度総額の目安と言えそうです。

入学金などの支払い時期は?

初年度の納付金で気になるのは、その支払い時期ではないでしょうか。特に入学金をはじめとした入学時費用の支払いについては押さえておきたいところです。

まず入学金についてですが、合格発表があったら早めに納入しなければなりません。締め切りは合格発表から2週間程度に設定されていることが多く、それを過ぎてしまうとせっかくの入学資格が取り消しになってしまいます。そして納入した後、もし別の上位志望校に合格した場合でも、一旦納入した入学金は返還されません。ここが辛いところです。

その他の授業料等については、大学の場合は1年分を前期と後期の2回に分けて前払いで納入するのが一般的。つまり最初の授業料等(前期分)も合格後早めに用意する必要がある、と考えておくと良いでしょう(具体的な時期は推薦入試や一般入試などで異なります)。

ちなみに入学金と前期分の授業料等を「入学時費用」などと呼び、まとめて一括で納入することも可能です。特に推薦入試など、この一括納入を必須とするケースもあります。締め切りや銀行振込などの詳しい手続きについては、大学からの案内を必ずご覧になり、くれぐれも「うっかりしてた!」なんてことの無いようにしたいものです。

大学4年間の学費合計について

さて、大学生活が波に乗ってきたら、引き続き毎年1年分の授業料等を前期・後期に分けて納入していくこととなります。具体的な費目としては授業料、施設整備費、教材費、また学部によっては実験実習費などがかかることも。

大学4年間の学費合計の目安を表にまとめました。上記の初年度に、残り3年分(医歯系学部は残り5年分)を加えて試算したものです。

大学在学中の学費合計
(平成30年度の授業料を元に計算/単位:円)
大学在学中の学費合計 (平成30年度の授業料を元に計算)

※ここでは単純に4倍(私立大医歯系は6倍)としていますが、大学・学部によっては学年が上がるにつれて授業料・施設設備費などが上がる場合があります。また医歯系は6年生と4年生がありますが、ここでは6年間として算出しています。

やはり私立大学の方がどうしても費用がかさむことが分かりますね。特に理系の学費の高さが際立っています。

休学の場合はどうなる?

大学4年間の間に、何らかの理由で休学することもあるかもしれません。休学の際の学費の扱いについては、実は大学によってさまざま

国立大学の場合、きちんと手続きをすれば休学中の学費は全額免除となるのが基本です。一方、私立大学の場合はそれぞれ独自に決まりを設けています。例えば授業料の一部だけ負担、あるいは「在学費」といった費用だけを負担、といった具合です。このように、休学には費用がかかるケースとかからないケースがありますので、あらかじめ確認しておくと安心です。

大学院に進みたいんだけど…学費は?

より専門的な知識を習得するために大学院を検討されている方もいらっしゃることでしょう。大学院の学費についてはまだ少し先の話かもしれませんが、大まかな目安として参考にしてみて下さい。

国立の大学院

国立の大学院の学費は2年間で約135万円。この金額は基本的に文部科学省で定められているため、法科大学院などの特別な場合を除いて一律です。

私立の大学院

私立の大学院については、大学やコースによってまちまち。ですが国立よりも高いと考えておけば間違いありません。
一例として、慶應義塾大学大学院修士課程の学費からピックアップすると
理工学研究科…2年間で約220万円 となっています。

▶データ出典:慶應義塾大学大学院 2021年度 修士課程

「長期履修制度」を設けている大学院も!

「長期履修制度」とは、期間を3〜4年などに伸ばしてマイペースで学ぶことができる制度。「社会人コース」などと呼ばれることもあります。嬉しいのは、期間が長くなっても学費の総額は2年間と変わらない点です。これなら社会人として働きながら学ぶこともしやすくなるでしょう。「大学院に進みたいけど費用がネックで…」とお悩みの方は是非検討してみてください。

大学院で授業料が免除に!?

そのほか、大学院には授業料免除制度なるものも存在します。こちらは「学業優秀」であることに加え「(保護者も含め)授業料の納入が困難」であることが条件。うまく審査をクリアできれば大変ありがたい制度です。

学生生活における生活費・通学費について

学生生活における生活費・通学費について

次に、大学生の学生生活における費用面について解説します。
大学に納める学費のほかにかかる費用については、『独立行政法人 日本学生支援機構』(JASSO)の「平成30年度学生生活調査」を見てみましょう。

学生生活でかかる年間の生活費(単位:円)
学生生活でかかる年間の生活費

表の一番左「授業料」の項目を除けば、おおよそ80万〜100万円/年の生活費・娯楽費等がかかっていることが分かります。

ところで国立の「食費・住居・光熱費」が55万円と高めですね。これは学生の住まいが「自宅」か「下宿」かどうかに深く関わっています。次の表も併せてご覧下さい。

居住形態別学生数の割合(単位:%)
居住形態別学生数の割合

このように、国立大学に通う学生は自宅通いが少なく、学寮や下宿率が高い傾向にあります。そのためどうしても生活費が多めにかかってしまうというわけですね。

▶データ出典:独立行政法人 日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」

また生活費、特に「家賃」については大学が所在するエリアや住む場所によって大きく変わってきます。大都市圏の都市部・郊外・地方都市・田園エリアなどで家賃相場はさまざま。

例)1Kアパート(18平米程度・駅徒歩圏)の場合の家賃相場
・中目黒(東京・都市部)6.74万円
・川口(埼玉・郊外)6.03万円
・水戸(茨城・地方都市)3.62万円

下宿することが決まったら、大学の周辺エリアについてよく情報収集し、少しでも家賃を安く抑えられると良いですね。

大学費用の免除や奨学金制度について

国立大学では、一定の収入基準以下の家庭で、授業への出席率や成績が基準を満たしている学生に授業料を全額あるいは半額免除する制度があります。

また、2020年度からは高等教育無償化(大学の授業料減免制度)が始まり、一定の収入以下の家庭では、入学金や授業料が免除され負担なく大学に進学できるようになりました。授業料免除だけではなく、返済不要の給付型奨学金制度もできています。

奨学金制度へのリンク
日本学生支援機構(JASSO)の貸与型奨学金
日本学生支援機構(JASSO)の給付型奨学金

大学の学費についてのまとめ

今回は大学進学にかかる学費全般について、お伝えしてきました。国公立や私立などの違いだけでなく、学部によっても学費は大きく変わります。また一人暮らしをするとなれば、住居費や食費などもかかってきます。ですが「学びたい」意欲のある学生に対してさまざまな経済援助の制度が整ってきていることもまた事実。大学費用の免除や奨学金制度などを有効に活用して、是非有意義で楽しい学校生活を送って下さいね。

春からFES

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催