意外に知らない! 大学の授業料は平均でいくらぐらいかかるの?

編集部:いとり
2016/11/14
入学準備・新生活
あとで読む

これから大学進学を考えている方や、大学進学を決めている方のなかには、実際に大学の学費はどれくらいかかるのかわからない人もいるのではないでしょうか。大学は国立大学(国立大学法人)、公立(公立大学法人)、私立と分けられますね。大学に支払う授業料は国立・公立・私立によって異なっています。今回は授業料の平均金額についてご紹介します。大学の学費が実際にどのくらいの金額なのか、この機会に改めて知っておきましょう!

▼こちらもチェック!
【奨学金のトリセツ】そもそも大学の奨学金とはどんな制度? 種類や返済方法など必ず知っておきたい奨学金のハナシ

文部科学省が調査した「国公私立大学の授業料等の推移」というデータがあります。これを見ますと、平成26年度の国立大学・公立大学・私立大学の各授業料は下のようになっています。

・国立大学:53万5,800円
・公立大学:53万7,857円
・私立大学:86万4,384円

国立大学と公立大学はほぼ同じで、公立大学の方が「2,057円」だけ高くなっています。国立大学と私立大学の差は「32万8,584円」と、私立大学の方がかなり高いことが分かります。ただし、気を付けないといけないのは、これはあくまでも平均値であることです。

国立大学・公立大学の場合には、理系・文系など専攻分野で授業料が異なることはほぼありません(例外はあります)。ただし、私立大学の場合には専攻分野で授業料に大きな差があるのです。

同じ文部科学省の資料「平成26年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」によりますと、

●私立大学・文科系学部の授業料:74万6,123円
●私立大学・理科系学部の授業料:104万8,763円(文科系学部の1.41倍/+30万2,640円)
●私立大学・医歯系学部の授業料:273万7,037円(文科系学部の3.67倍/+199万914円)
●私立大学・その他学部の授業料:95万1,119円(文科系学部の1.27倍/+20万4,996円)

という具合に、文科系・理科系・医歯系・その他というかなり大きな分類でも授業料はこれだけ違うのです。また、これも平均値ですからさらに高額な授業料となっている私立大学ももちろんあります。

次のページ大学の授業料はどう推移してる?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催