14Tポイントが貯まる、使える!詳しくはコチラ

アスリートたちがこぞって通う街! 神保町には「アスリートの聖地」があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活 ピックアップ [PR]

お気に入りに登録

東京は神田・御茶ノ水エリアにある神保町。本やカレーの街としても有名なこの街は、あることで世界的にも珍しい地域なのだそう……

それはなんと、スポーツ!

「神保町とスポーツ」と言われてもいまいちピンときませんが、この界隈は自転車やゴルフ、スキー・スノーボードなどひとつのスポーツに特化した専門店も多く、40店舗以上のスポーツショップが存在するスポーツ店街なのです!

世界的にも珍しいスポーツ店街なんて、さすがに言いすぎなんじゃない?どんな人がどのような目的でやってくるの??

そんな疑問を解消すべく、神保町に向かったのはこちらの大学生2人!

あつひろくん
運動大好き、典型的スポーツ男子。


ひろえちゃん
こう見えて昔ソフトボールやってました♪


アスリート専門店ってどういうこと!?

というわけで、やってきたのは神保町の中でも有名な「アスリート専門店 ヴィクトリア ワードローブ」。スポーツ用品店でおなじみの「スーパースポーツゼビオ」と同じ、ゼビオグループの大型スポーツ専門店です。

早速店内に入ってみましょう!



今日はフロアごとに担当者の方が案内してくださるみたいだよ。


あ、あの人かな? こんにちは~!


あ、こんにちは!潜入取材のおふたりですね。本日はよろしくおねがいします!


こちらこそ、本日はよろしくお願いします!早速ですが、看板に書いてある「アスリート専門店」って一体どういうことなんですか?


扱っているスポーツ用品の種類がとにかく多いんです。これがアスリート専門店と名乗っている理由の1つです。


ほんとだ~!でも、商品の種類が多いだけなら他にもありそう……。


もちろん商品数だけではないですよ!ちょっとこちらに来てみてください。


何ですか? 足踏み健康器?


これは完全オーダーメイドのインソールをつくる機械です。


完全オーダーメイド!?そんなの作れちゃうんですか!?


皇居が近いので、皇居ランをするランナーの方が多くいらっしゃるんですよ。ランニングの時間をより楽しく、より快適に過ごしてもらうために、こんな試みを行っています。


なるほど~!さすがアスリート専門店!


ちょっと! あっちに不思議なものがあるんだけど……あれ、何?

疲労回復がスポーツの鉄則!


何だこれ??宇宙船みたい。


これは、酸素カプセルです。


酸素カプセル、ですか……?


日韓ワールドカップのとき、ケガで出場が難しいといわれていたベッカム選手が使って急激に回復したことで話題になったんですよ。入ってみます?


え、いいんですか!

ということで、早速入ってみることに。

・・・・・・


…棺桶の中ってこんな感じなのかな……


棺桶て。


でも一度体験すると、本当に"生き返った"感じがしますよ!ちなみに、二日酔いにも効果的です。


それはぜひお世話になりたいところです。


ねぇねぇ!こっちもすごいよ~!!


無視かい!

4階リカバリーエリアにてマットレスを堪能するひろえちゃん


腰までフィットする~! 快眠決定~!!!


スポーツ用品店にベッド!? 一体どうなってんの??


それは、アスリートの方に少しでも高いパフォーマンスを出してもらうためです!


(いつのまに違う店員さんに変わったんだ……)


ここ、スポーツ用品店ですよね??何でベッドがあるんですか??


スポーツには 「休養」と「栄養」の観点が欠かせません。ただスポーツのモノを売るだけのお店ではないというのが我々の特徴です。


なるほど、それが「アスリート専門店」といわれる所以なんですね!


はあ~すっきりした~~休養の大切さが身に染みてわかった~~


ほんとに話聞いてた?

店内に気になるポスターを発見! ゼビオドリームカップとは?


「休養」と「栄養」のことまでサポートしてくれるなんて、専門店だからこそのこだわりだね~!


意外とちゃんと聞いてるな!……あれ、あのポスターなんだろう?

ゼビオドリームカップ?


スポーツ用品店なのに大会?


ゼビオドリームカップは、ゼビオグループが協賛している野球大会のことだよ!


え……??


ドリームカップのポスターに興味をもってくれてありがとう!!


は、はい!!


実は僕がこのイベントに携わっているんだ!よかったら紹介させてもらえないかな?

スポーツでお客さまと現場をつなぐ
クロススポーツマーケティング(株) 篠宮さん




お、お願いします……


(どこから現れたんだ……)

「スポーツライフをサポートする」クロススポーツマーケティング


えっと…?クロス…スポーツ…?マーケ……?


カタカナ弱すぎ!


「クロススポーツマーケティング株式会社」。スポーツライフをサポートすることを事業にしている会社です。


モノを売る以外にスポーツライフをサポートする方法ってあります?


あるんです!!商品の売り上げやお客様の声を集める「 マーケティング事業」、マーケティングで集めた情報を元に新しい企画を提案する「リサーチ・コンサルティング事業」、


イベントの企画から運営までに携わる「 イベント・プロモーション事業」、プロパティ管理部ではライセンス事業まで………(ペラペラ)


ゼビオ、業態広すぎすごすぎ問題。


つまり、一言で言うとどんな仕事なんですか?


ズバリ、 スポーツをする人・したい人を現場につなげる仕事でしょうか。


お店から現場(大会)へ、ってことか~。でも、一スポーツ用品店がどうしてイベントまで運営するんですか?


スポーツ用品店「だから」かもしれないね。 消費者の声を直に聞くことができるからこそ、要望を形にした大会ができる。そして、大会に参加してもらってスポーツが楽しいと思ってもらえたら、またお店に来てもらえるでしょ?


たしかに、こうした循環を活かせるのは、スポーツ用品店ならではの強みですね!


それにしても、小売店なのにここまで色んなことができるってすごいなぁ……!

アツい男篠宮さんが語る!アスリートへの思いやり


篠宮さん自身も何かスポーツをしていたんですか?


僕は学生時代はずっと野球をやっていました。 でも、社会人になったら参加できるチームや大会がなくなってしまって、 野球をする機会がなくなってしまったんです。


えっ! そうだったんですか。


ただ、「大会があって、チームさえ組めればスポーツを再開したい」という僕と同じ気持ちの社会人はたくさんいるはずだと思って、ゼビオドリームカップを企画したんです。今では、春の予選から秋の本選まで、毎年約2万人が参加する大会にまでなりました。


おおお!Theスポーツ精神!


すごい!ゼビオドリームカップ以外にもイベントってあるんですか?


フットサルのFリーグの大会を手掛けています。あとは、人数が少なくてもプレーできる3人制バスケットボールの「3×3.EXE」(スリー・バイ・スリー・ドット・エグゼ)など、新たなスポーツの普及のために提案していますよ。


わくわくしますね! 仕事をしていて、うれしいことってなんですか?


やっぱり スポーツをする機会を増やすことで、より多くの人にスポーツを楽しんでもらえることですかね。


まさしく、スポーツの可能性を広げるということですね。


どうして篠宮さんはそこまでアツく仕事に取り組めるんですか?


僕自身スポーツに"育ててもらった"ところがあるので、スポーツは僕の人生の一部なんです。だから、プロでもアマチュアでも「スポーツがしたい」と思っている人たちに それぞれの目的や事情に合わせたスポーツ大会&イベントを提案したいと思っています。


スポーツに触れる機会を想像する「想い」が感じられますね。何だか感動しちゃいました。


こういった取り組みを通じて、日本にスポーツが文化として定着していけばいいなと思っています。


モノを売ることもイベントの企画も、全ては日本のスポーツ文化発展のため」か。カッコいい!

「スポーツをしたい」想いを形にするためには?


篠宮さんの今の仕事で、大事だと思うことは何ですか?


今日2人が出会ったスポーツナビゲーター(店舗スタッフ)のように、まずは 徹底的な専門知識を身につけることが必要だと思います。


たしかに、お二方ともすごい知識量でした!


それから、 お客様や地域の方々とできるだけ密に会話をして、お客様が何を求めているか知ることかな。店舗で実現してきた経験は、今の仕事にも確実に活きています。


なるほど……!店舗で働くみなさんの雰囲気ってどんな感じですか?


すごく明るいよ!接客でも感じたと思うけど、スポーツナビゲーター同士でもみんなハキハキと挨拶して、働いていてすごく気持ちがいいんです。学生時代の部活を思い出しますよね。


向いている性格とかってありますか?


そうだなあ、まずはスポーツに興味があることは大前提。そして、 きちんと基礎を知り、応用で積極的に新しい提案ができる人が向いているのかなと、店長を経験して感じました。僕は、型を知った上で、型にハマらない人と一緒に働きたいです。


なるほど!新しいスポーツとの関わり方を見つけられた気がします。


貴重なお話をありがとうございました!


話を聞けば聞くほど、スポーツの魅力や奥深さを感じることができました。

――ひとりでも多くの人に、もっとスポーツを楽しんでもらいたい。

お客様の声に耳を傾けられる「アスリート専門店ヴィクトリア ワードローブ」と、お客様の「スポーツがしたい」を形にできる「クロススポーツマーケティング」。

それぞれのスポーツに対する「想い」が、今日も全国のスポーツファンを笑顔にしています。

INFORMATION

スポーツに関わる仕事に興味のある方、まずはゼビオグループの想いを知ってください。

【取材協力】
アスリート専門店 ヴィクトリア ワードローブ
クロススポーツマーケティング株式会社

クロススポーツマーケティング(株)についてもっと知りたい方はこちら!

他の「スポーツで○○する人」を見る!

マイナビ学生の窓口 広告企画/提供 ゼビオグループ

関連キーワード

マイニュースを設定すれば、
気になる学校周辺のローカルな話題が見つかります!

設定はこちら


今日の学年別おすすめニュース

会員登録いただくとおすすめニュースをご覧いただけます。