国立大学の学費は4年間でどれくらい掛かる? 入学金や授業料などの費用について知ろう 3ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. 【2021年度版】国立大学の入学金と授業料の平均は?
  2. 国立大学の入学金、授業料以外の学費は?
  3. 国立大学の学費、4年間の合計は?
自宅通学の場合 下宿・アパート・その他に住んでいる場合
入学金・授業料計:242万5,200円
大学関連経費:81万4,400円

4年間の合計目安:325万9,200円
入学料・授業料計:242万5,200円
大学関連経費:48万3,600円

4年間の合計目安:290万8,800円
家賃除く

上記はあくまで目安ではあるものの、国立大学に4年間通うと学費だけでも300万円以上の出費は最低限必要となると見ておく必要があるでしょう。


費用負担を減らしたい!国立大学独自の学費免除制度を活用しよう

安いイメージのある国立大学ですが、4年間ともなると膨大な費用がかかります。

少しでも負担を減らすためには、学費免除制度を活用することをおすすめします。

学費の免除できる制度の代表例として、以下の方法が思い浮かぶのではないでしょうか。

・JASSOの奨学金を活用する
・大学独自の奨学金に応募する
・民間団体の奨学金に応募する
・学資ローンを検討す


奨学金や学資ローンは、最終的に返済が待っているケースがほとんどですよね。

ですが、国立大学と一部の私立大学においては、家庭の経済状況と学生の成績をもとに大学側での審査や条件が合致すれば受けられる独自の「学費免除制度」があります。


国立大学独自の学費免除制度の例
・東京大学 授業料の全額または半額免除
【参考:東京大学 授業料等の免除

・京都大学 授業料の全額または半額免除
【参考: 京都大学 授業料免除

東北大学 授業料の全額、半額または3分の1の額の免除
【参考:東北大学 東北大学学生の授業料の免除並びに徴収猶予及び月割分納の取扱いに関する規程(PDF)

北海道大学 授業料の全額、半額または4分の1の額の免除
【参考:北海道大学 入学料・授業料

金沢大学: 授業料の全額、半額または一部の免除
【参考: 金沢大学 授業料免除


希望の国立大学の免除制度を活用して、少しでも学費を負担できるのは嬉しいですよね。

まとめ

今回は、国立大学の学費の概要について解説しました。

一般的に私立よりも学費が安いと言われている国立大学ですが、4年間で考えると学生生活を滞りなく過ごすためには膨大な金額が必要になることがわかります。

また、国立大学では大学ごとに授業料を値上げするなどしていることから、入念な情報集めは欠かせません。

さらに学費や諸経費以外にも、教材代やゼミなどの合宿費・ひとり人暮らしの場合は家賃など生活費がかかりますし、留学をするとなるとさらにお金が必要になってくるでしょう。

そんなときこそ、奨学金をはじめ国立大学独自の学費免除制度も活用したいところです。

大学に進学する際は、「大学で何を学びたいのか」を明確にしながらお金のことを考え、悔いのない大学生活を送りましょう。

(高橋モータース@dcp)

1 3

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催