大学を留年したら奨学金はどうなる? ケース別に徹底解説!奨学金以外の方法も紹介

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

もし奨学金貸与中に「留年」してしまったらどうなると思いますか?

留年の理由にもよりますが、奨学金の受給がストップしたりする可能性も考慮しなければならず、奨学金を借りている学生にとっては受給止めを何とか回避したいものです。

そこで今回は、奨学金を借りている人が留年してしまったらどうなるかについてご紹介します。

奨学金はルールだらけ!

2020年4月からは、経済的な理由で大学や専門学校などのような高等教育機関への進学を断念していた人たちへの救済措置として「給付型奨学金」の導入が開始され、選択肢もふえたことからますます奨学金が身近になりました。

奨学金は一般的に、規定に定められた学業成績を修めなければ借りることができません。

また、何らかの理由によって奨学金が出ない場合は再度申請しないといけない場合があります。

奨学金を借りるためにはルールを把握し、きちんと学業を達成させなければならないことから、奨学生にとっては成績との戦いでプレッシャーがあるかもしれません。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催