新聞配達バイトをすれば返済不要に! 新聞社が提供する奨学金ってどんなもの? 2ページ目

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

■新聞奨学生制度のデメリット

上限金額が決まっているとはいえ、給付型で返済の必要のない新聞奨学生制度ですが、このシステムには以下のようなデメリットもあります。

1.途中でやめた場合、それまでに支給されたお金を一括返金しないといけないシステムがある

2.新聞配達という作業に従事するので時間的な制約がある

3.新聞配達に付随する業務、集金業務が重荷になる場合がある

1は「お金」、2は「時間」、3は「精神的・肉体的」なデメリットですね。お金を一括返済しないといけないルールがあるので、つらくてもなかなかやめることができないという人もいらっしゃいます。また、早朝から新聞配達の業務を行い、また夕刊の配達がある場合には夕方もその業務に拘束されます。ですから、その時間に講義を取ることができなかったり、サークル活動が制限されたりします。さらに、チラシの折り込みといった付帯業務、集金業務などが精神的・肉体的な重荷になることもあります。これらのデメリットが、近年新聞奨学生が減っている理由なのでしょう。新聞奨学生になる前に、メリット・デメリットをよく理解しておくのが良いのではないでしょうか。

(高橋モータース@dcp)

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催