ジョジョの実写化で話題! 三池崇史監督が手掛けた漫画・アニメ・ゲームの実写作品12選 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●『忍たま乱太郎』2011年7月公開


尼子騒兵衛原作の漫画『落第忍者乱太郎』、NHKで放送されている人気アニメ『忍たま乱太郎』の実写映画化作品。製作が発表された際は、『ヤッターマン』以上に話題となりました。個性的なキャラが数多く登場しますが、見た目の再現度が非常に高い作品でした。

●『逆転裁判』2012年2月公開

カプコンの人気ゲーム『逆転裁判』を原作とする映画。成宮寛貴や桐谷美玲、斎藤工といった人気の高い俳優・女優をメーンに配しており、またゲームのキャラクターならではの個性的な見た目も忠実に再現されている作品です。

●『愛と誠』2012年6月公開

『週刊少年マガジン』で連載されていた、梶原一騎原作・ながやす巧作画の学園漫画の実写映画作品です。過去に3部作として実写化されていますが、本作は歌謡曲やダンスを盛り込んだミュージカルチックになっているのが特徴。カンヌ国際映画祭でも話題になりました。

●『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』2014年2月公開

原作は高橋のぼるによる漫画作品。暴力団の潜入捜査をすることになった警察官の活躍を描いており、映画ではそのドタバタの活躍がより強調して描かれています。主役を務めた生田斗真の体当たり演技も話題になりました。

●『神さまの言うとおり』2014年11月公開

『別冊少年マガジン』で連載されていた、金城宗幸原作・藤村緋二作画の同名漫画を実写化した作品。失敗が死に直結する理不尽なゲームに巻き込まれた高校生の活躍を描いており、福士蒼汰、神木隆之介、染谷将太といった人気俳優が出演したことでも注目された作品です。

●『テラフォーマーズ』2016年4月公開

貴家悠原作、橘賢一作画の人気漫画『テラフォーマーズ』の実写化作品です。原作の「バグズ2号編」をベースに、一部にオリジナル要素を加えたストーリーが展開します。大変に人気のある作品だけに、どのような実写映画になるのか非常に注目されました。

アニメや漫画、ゲーム作品を原作とする三池崇史監督の映画をまとめてみました。他にも大塚英志原作・田島昭宇作画のサイコスリラー漫画『多重人格探偵サイコ』のテレビドラマでも監督を務めるなど、実に多くのアニメ・漫画・ゲームの実写作品に関わっています。

今後は、『ジョジョの奇妙な冒険』の4部だけでなく、『土竜の唄』の続編や沙村広明による人気漫画『無限の住人』の実写化作品の公開も控えています。これらもどのような内容になるのか、注目ですね。

(中田ボンベ@dcp)

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催