特に伝統があるのはどこの大学? 知られざる学園祭の歴史 2ページ目

編集部:はまみ
2016/10/16
学生トレンド
あとで読む
●東京外国語大学の「外語祭」


100年以上の歴史を持つとされる東京外国語大学の学園祭「外語祭」は、1900年(明治33年)に開催された「講演会」にその起源を求めることができます。

・講演会:1900-1908年
・語学大会:1919-1928年
・語劇大会:1930-1936年
・語劇祭:1947-1954年
・外語祭:1955年-

このように、戦争期の中断を挟み、名称、また内容を変更しながら現在まで続いています。2016年には第94回を迎えます。

⇒データ出典:東京外国語大学 「外語祭の歴史」
http://www.tufs.ac.jp/common/archives/pamphlet.pdf

■昔から若さが爆発するイベントだった!

現在の大学祭の形ができたのは、新制国立大学ができた後のこと、といわれます。しかし、上記のように各大学では、それ以前に運動会、遠足、講演会、演劇といった独自の年中行事が催されており、それが大学祭につながっていったという流れも見られるのです。このような独自のイベントでも、若者がその情熱とパワーを爆発させていたことがうかがえます。

例えば、上記の東京農業大学の「収穫祭」がまだ「運動会」だった時代の描写として

「当時の学生は誰もが一様にクラスの決議を甘受し、一致団結し優勝旗の獲得にあるいは余興の上演に若き血を沸かしたもので、運動会当日一人として欠席するような不届き者はいなかった」

とあります。いかに当時の学生がこのイベントに燃えていたかが分かりますね。北杜夫先生は旧制松本高校(新制・国立信州大学の母体の一つとなりました)の出身ですが、その著書『どくとるマンボウ青春記』では、旧制高校の若者たちがいかに学内のイベント(学校対抗のスポーツイベントや演劇など)にむちゃなパワーを傾けていたかが活写されています。大学生がはじける大学祭ですが、調べてみるとこれは昔からのこと。大学祭ではいつの時代も若いエネルギーが爆発しているのです。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催