主人公かと思わせて、実は主人公じゃないアニメキャラ7選

編集部:はまみ
2016/09/26
学生トレンド
あとで読む



アニメ作品に登場するキャラクターの中には、「主人公だと思っていたのに実は主人公じゃなかった」というキャラクターがいたりします。タイトルに名前が入っているのに主人公じゃなかったり、主人公のような活躍や振る舞いを見せるも、実は違うキャラが主人公だったりとそのパターンはさまざま。今回は、こうした主人公っぽいけど主人公じゃなかったアニメキャラをピックアップしてみました。

●『屍鬼』結城夏野

2010年に放送された、小野不由美原作のサスペンスホラーアニメ。隔離された田舎の村を舞台に、村民たちの連続怪死事件の謎を村医者や村に住む少年たちが追う……という物語です。序盤は結城夏野という、村に住む高校生が早々に異変に気付き、事件の黒幕を突き止めるために活躍。端正な顔立ちをしており、まさに主人公というキャラクターでしたが、あっさりと黒幕サイドにやられてしまい退場。後にある理由で再登場するのですが、まさかの死んでしまう展開に「こいつ主人公じゃなかったの!?」と視聴者は驚きました。

●『デュラララ!!』竜ヶ峰帝人

2010年に1期、2015年から2016年にかけて2期が放送された、人気ライトノベルが原作のアニメ。池袋を舞台に、高校入学のために上京した竜ヶ峰帝人という少年がさまざまな事件に巻き込まれていく物語です。この粗筋では、主人公は竜ヶ峰帝人のように思えますが、実はセルティという名前の「首のない女性キャラ」が主人公。1期は主に帝人の視点で進むので、帝人が主人公だと思う人も多かったでしょう。ただ、後に発売された公式のムック本で、帝人は「表の主人公」という扱いに昇格しています。

●『涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)』涼宮ハルヒ

2006年に放送された人気ライトノベル原作のアニメ。涼宮ハルヒという女子高生が、クラスメートの男子高校生・キョンと共に謎の部活「SOS団」をつくり、周囲を巻き込みながら自分のやりたいことをやっていく……という作品。タイトルが「涼宮ハルヒ~」となっているので、彼女が主人公だと思いきや、主人公はキョン。彼の視点で物語は進みます。ハルヒは非常に重要な役割を担ってはいるのですが、基本的に騒動の蚊帳の外であることが多く見られます。

●『ドラえもん』野比のび太

もはや説明するまでもない国民的アニメ。毎度騒動を起こし、劇場版では大活躍を見せるのび太君が主人公のように思っている人も多いでしょう。しかし主人公はタイトルにもなっているドラえもんの方です。ドラえもんはサポートに徹し、のび太君目線で物語が進む展開がほとんどですが、作者の藤子・F・不二雄先生が生前に講演された内容によると、のび太君は副主人公なんだそうです。

次のページ他にもこんなキャラクターが!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催