大学生の一人暮らしでかかる費用の平均は? 一ヶ月の収入・支出の目安 2ページ目

学生の窓口編集部
2016/09/26
入学準備・新生活
あとで読む
目次
  1. ■実際、一人暮らしはどれくらいお金がかかる?
  2. 気になる食費の節約術は?
  3. 水道光熱費の節約術は?
  4. 住宅代の節約術は?
  5. その他日常生活の節約術のあれこれ!
■食費の節約術

学生生活をエンジョイするためには、何よりも健康が一番です。まず、毎日のご飯はしっかり食べましょう。しっかり食べながら、食費を節約するための基本的な3つのポイントを伝授します。

<基本は自炊>

住んでいる地域にもよりますが、外食すると1食につき500円はかかってしまいます。そのため、自炊を基本にしましょう。ただし、料理初心者の人がいきなり難しいメニューにトライすると、手間もお金もかかってしまうはず。その結果、外食するより高くついてしまったという事態もあり得ます。そのため、例えばレシピ検索サイトで「簡単節約」などの検索ワードを入れ、そこからメニューを選ぶと上手くいきますよ。

<友達と作るのもおもしろい>

自炊が基本と言いましたが、一人で作っていると、だんだんとワンパターンになるのも事実です。しかしいろいろな材料が必要な料理だと、一人で材料を揃えていると予算オーバーになることも。そんなときは、友達を誘ってみましょう。「うちで一緒にご飯作らない? 」と声をかけてみてください。特に鍋料理など材料の多さがものを言う料理のときは、この作戦が有効ですよ。

<買い物と下ごしらえはまとめてやる>

食費の節約は、買い物の段階から始まっています。なるべくなら、買い物の回数を減らしましょう。週1~2回を目安にし、足りないものが出てきたらその都度補充するというパターンが理想的です。また、買ってきた食材は下ごしらえをしてから保存しましょう。野菜は切って冷凍する、肉・魚は下味をつけて小分けにするなど。ちょっとひと手間加えるだけで、使いやすくなる上に保存も利きます。節約という意味では、食材をダメにするのは大きなマイナスなので、ぜひ心掛けてくださいね。

次のページ水道光熱費の節約術は?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催