古本好き大学生が語る、古本屋巡りの魅力4選【学生記者】

タジ
2016/09/10
入学準備・新生活
あとで読む

こんにちは、東京大学2年のタジです。
突然ですが、「古本」を英語で何というかご存知ですか? 「an old book」とか「a used book」という言い方もあるそうですが、「a second-hand book」というととても魅力的な感じです。ただ古いだけでなく、前に読んでいた人の手から次の読者に移っていく、そんな趣を感じるのは私だけでしょうか?「他の人が触ったおさがりの本は読みたくない」という方もいるかもしれませんが、逆にそのことこそが古本の最大の魅力です。この記事ではよく古本屋巡りをしている私が、古本屋に訪れることの魅力をお伝えしたいと思います。

1.安く購入できる


古本屋で売られている本は、新品で買うよりも安いことが多いです。有名チェーンの古本屋はもちろんですが、個人経営のお店でも新品で定価1000円を超えるような書籍も200円、300円台で販売されています。私が安価で購入した一冊は、昭和13年に発行されたケネー『経済表』。で、発行から80年近い月日を経た貴重な書籍を200円でゲットすることができました。

2.思わぬ発見と喜びがある

本は一度版が切れると、再刊されないことが多いですが、古本屋なら他では絶対に手にはいらないような書籍との出会いもあります。特に個人経営の店はそれぞれが専門分野を持っているので、棚も見やすいですし、店主に質問するとすぐに在庫や位置を教えてくれます。チェーン店では見つけるのは難しく時間がかかりますが、なにしろ本の数が多いので探してみる価値は十分にあります。もし、文庫本化されて残っているような本でも古い版で読んでみるとおもしろい発見があります。
僕も100年以上前に出版された政治書を購入したことがあるのですが、その序文を当時の有名な政治家が書いていて驚きました。また、原著と文庫本を比較すると修正されている点が分かって、「オレはみんなが読んでいない部分まで読んでいる」という謎の喜びを感じるのではないでしょうか(自分の心の中に留めておいたほうがよさそうですが……)。

次のページほかにもこんな魅力が!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催