奨学金が返せないとどうなる? 対処法は? 弁護士に聞いた!

編集部:はまみ
2016/08/28
奨学金
あとで読む


奨学金と一口に言っても、日本で多くの人が利用するのは給付型ではなく、返済義務のある貸与型のもの。近年では奨学金の返済に苦労している人が多いとの報道があります。返済に窮してしまったらどのようにすればいいのでしょうか!? 奨学金の返済について弁護士さんに取材しました。

▼こちらもチェック!
【奨学金のトリセツ】そもそも大学の奨学金とはどんな制度? 種類や返済方法など必ず知っておきたい奨学金のハナシ

アディーレ法律事務所の大西祐生弁護士にお話を伺いました。

■まずはJASSOに相談すること! 奨学金以外の返済がある人が多い!

――奨学金の返済に困っている人が多い、という報道がよくありますが、実際に返済できない事態になったらどのように動くべきでしょうか?

大西弁護士 『独立行政法人 日本学生支援機構』(JASSO、以下JASSOと表記)から奨学金を借りている人が多いと思いますが、個人で動くのであればまずJASSOに相談することです。支払いの一時停止、分割回数を多くする、などの対応をお願いすることは可能です。実際、JASSOさんでも柔軟に対応してくれると思います。一部金融機関のような厳しい取り立てを行うのではなく、総合的な和解案の合意、またその実施について相談に乗ってもらえる余地がありますので、まずは相談することです。

――奨学金の返済について弁護士に相談する人は増えているのでしょうか? 相談の内容はどのようなものでしょうか?

大西弁護士 近年ニュースで奨学金のみで破産した、などと取り上げられることもありますが、奨学金の返済に関する相談者が急に増加しているという感じはありません。また、奨学金の返済だけに困っているという人はほとんどいらっしゃいません。他にも借金の返済があって、奨学金の返済もその一つという、多重債務を抱えている人が多いのです。

――なるほど。奨学金の返済は多くの借金返済の一つというケースが多いのですね。

大西弁護士 ですので、多重債務をどのように処理するかという計画の中で、奨学金の返済について扱うケースがほとんどです。多重債務者の場合、「個人破産」というのも一つの選択肢に入ってきます。しかし、個人破産というのは外聞も悪いと敬遠する人も少なくありません。ですので、破産手続が相当ではない場合は、まずJASSOさんに掛け合って支払いの一時猶予、また支払い回数は増えますけれども月々の返済金額を低くしてもらえるよう交渉することになります。

――先生が手掛けられた中で、月々の支払金額をこのくらいに軽減されたというケースはありますか?

大西弁護士 私の手掛けた中では、最大で月々の支払額を8,000-9,000円に軽減してもらったケースがありました。JASSOさんへの月々の支払額は、もともとそれほど高額ではないですが(金利が低いローンなこともあり)、約定の支払額より軽減することに合意してもらえる可能性がありますし、やはり本当に困っているのであれば相談することが大事です。

次のページ現在奨学金の返済で困っているなら、まずどうすればいい?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催