​人生最大級の分かれ道「文理選択」はいつ決めた? 現役大学生に聞いてみた! 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●その他

・中学校。小さい頃からお医者になる予定だったので(24歳/大学院生/男性)
・ずっと前から。幼稚園から看護に決めていたので、最初から理系を希望していた(21歳/大学4年生/女性)
・中学1年生。数学ができないから確信していた(18歳/大学1年生/男性)
・小学校。塾の先生からも小学校の先生からも、君は理系だと言われ、自分でもそれが楽しそうと思ったから(19歳/大学2年生/女性)
・小学校。すでに算数が苦手でこれはもう文系の道だと思っていたから(22歳/大学3年生/男性)

高校2年生の時点で、文系か理系かどちらかを選択したという大学生がほとんどでした。大学受験が間近になるのはこの頃のなのかもしれません。また子どもの頃から、どうしても算数・数学が苦手で最初から「文系」だと思っていた人も……。逆も然りでした。

いかがでしたか? 通っていた高校によって文理選択の時期はさまざまかもしれませんが、多くの大学生は高1の終わりから高2年にかけて、はっきりと文理選択をしたようです。あのときの選択がいま通っている学部・学科に影響されています。そう考えるとなんとなく、もっと勉強をがんばらくちゃと思いませんか……?

文:学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2016年6月
調査人数:大学生男女350人

プロのマナー講師監修!学生生活のメールや電話でのコミュニケーションに役立つ
『メール&電話例文完全テンプレート集』配布中!


▼無料ダウンロードはコチラから▼

学生生活テンプレートをダウンロード
2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催