​「My name is ……」よりも好印象?! 相手の心をつかむ英語自己紹介テクニック【学生記者】

2016/06/21
留学
あとで読む


こんにちは。ワーキングホリデーをしている柴田です。今はカナダのバンクーバーの語学学校で英語を勉強しながら、『いただきますの精神』を現地の人に広めたり、自分の夢に向かって試行錯誤を重ねている毎日です。僕が通っている語学学校は4週間単位で通うことができるため、人の入れ替わりが激しく、そのたびに自己紹介を行っています。そこで今回はその中で感じた、自己紹介するうえで名前を伝えるよりも大切なことを紹介します。

■名前を覚えられることも、覚えることも難しい

僕の名前、ワタルという名前は海外の方にとって覚えにくいようでワタロー?ワタリ! Vataru!……と覚られることは困難なようです。同様に僕自身も一度で名前を覚えることは苦手です。オーチュン、ロドフォ、エズジ……、彼らは今日新しくできた友達の名前ですがメモしなければ恐らく忘れてしまいます。

次のページ効果的な自己紹介の仕方とは?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催