大学生のうちに一度はやりたい!! 経験者が語るヒッチハイクのすすめ【学生記者】

健斗
2016/06/17
学生旅行
あとで読む


こんにちは、大学4年の須賀です。
みなさん一度は、大学生のうちに他人に話せるおもしろい、なにか想い出に残ることをしたいなと考えたりしたことがあるのではないでしょうか? でも実際はお金の面や、準備の面でためらうことって多いですよね。僕も一時期、世界一周に憧れていろいろ情報を集める中で断念した覚えがあります。持論にはなるのですが、どんな体験だろうが自分がどう活かすのかが大切。でもやっぱり、これまでの日常を打破する非日常的かつわかりやすいユニークな体験を求めてしまいますよね。実際に、その体験がなにか自分を変える機会になることもあります。

去年、僕は友人と2人で東京から伊勢神宮までヒッチハイクで行ったことで、「ヒッチハイクできたのだから、困ったことが起きても人生なんとかやっていけるのではないか?」と思うようになりました! そこで今回は、お金がなくても、今すぐにでもできる「ヒッチハイク」をみなさんにおすすめしたいと思います! ただし、ヒッチハイクをすることは一部の国では禁止されていて、僕も国内の経験しかないため今回の記事では国内の場合を想定しています。

なにを準備すればいいの?

ヒッチハイクといっても、まずはどんな物を持っていけばよいのか、どこから始めればいいのかちょっと悩みますよね。2泊3日で僕が持っていたものは下のリストとなっています! ヒッチハイクだからと構えすぎずに準備して大丈夫です。ただし、荷物はなるべく軽めに両手が空くようにしましょう!

■ ボストンバッグ30ℓ(少し小さすぎたので45ℓくらいのナップザックのほうがいいです)
■ A3スケッチブック&クレヨン(クレヨンよりマーカーペンをおすすめします……!)
■ 2日間の着替え
■ 洗面具(歯ブラシ、洗顔料など)
■ タオル3枚(大2枚、小1枚)
■ 携帯充電器
■ ノートPC(充電器も)
■ ゴミ袋2枚
■ 現金¥20,000(クレジットカードなどは念のため家に置いていきました)

どこから始めればいいの?

ズバリ、「用賀マック」です。一部の間ではヒッチハイクの聖地と呼ばれている場所で、ヒッチハイク初心者ならここがオススメだと思います。東名高速の入り口であり、車を寄せられる大きなスペースがあるため車を捕まえやすいと言われています。後ほど紹介しますが、ここでまず海老名まで乗せてもらうのが出だしとしてはいいのではないかと思います。長期休業になると同じくヒッチハイクをしている大学生を見かけたりするので、思わぬつながりができるかもしれません。

次のページスケッチブックに行き先を書くコツは?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催