【レポートの再提出】落ち込まなくてOK!理由と注意点をふまえて冷静に対処しよう

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

こんにちは、マイナビ学生の窓口編集部です。
大学生の学業の中でも大変なのが、レポート提出ではないでしょうか。大変なものには当然ミスがつきもので、学生の多くが一度は「やってしまった…!」と思う失敗を経験しているもの。

今回はレポートでの『再提出』についてピックアップ。再提出になってしまう理由や、再提出する際の注意点、なるべく再提出にならないようにするための方策についても解説します。

レポートの再提出はよくある!落ち込まなくてOK

「こないだのレポート、再提出になった…(涙)」
レポートが『再提出』になると、必要以上に落ち込んでしまう人がいます。頑張った人ほど「認められなかった」というショックが大きくて凹んでしまいますよね。

ですが、レポートの再提出は実はよくあること。コピペを多用するなど明らかに質の低いレポートは確かに問題ですが、ちょっとした体裁の違いやルール違反などで再提出になることもあり、意外に多くの学生がこの『再提出』を経験しているんです。あなただけではありませんので、あまり落ち込まなくても大丈夫ですよ。

レポートが再提出となる理由

レポートが再提出となる理由

レポートが再提出となってしまった理由については、何らかの形で本人に分かるようになっているケースが多いもの。ここでは再提出の理由として代表的なものを挙げておきます。

ルールに沿っていない

レポートにはそれぞれの教授あるいは科目によりルールが設けられており、これを守っていないと再提出となるケースがあります。例えば書式・件名・送信方法など。

こちらは、書式が細かく設定されていたという理系の実験レポートの事例です。

これ、理系だけですかね? それとも早稲田だけ? なのかもしれませんが、実験ごとに表などの書式がいちいち変わります。例えば、基礎実験では読点が「、」だったのに、専門実験になった瞬間に「,」に変えなければいけないルールになっていました。あとは表の罫線について、縦線を「入れないといけない」実験と「入れてはいけない」実験も……。
(マイナビ学生の窓口編集部調べ)

こうしたケースは比較的カンタンな手直しで済むため「それだけなら余裕!」と後回しにしてしまいがち。そうこうしているうちに、気がついたら締め切り前日…!なんてこともあるある。うっかり単位を落とすことのないよう、決められたルールをしっかり確認して早めに取り組みましょう

内容が不十分

再提出となる理由のもう1つは「内容が不十分」であること。レポートは当然ながら中身が肝心ですから、そこが不十分と判断されると再提出になってしまいます。例えば、

・見当違いな内容となっている
・間違えた部分が多いので精査が必要
・内容への理解不足が感じられる

こうしたケースが考えられます。研究生・ゼミ生同士で学び合うことは悪いことではありませんが、学友の書いたレポートに単に追随しているような内容だと「理解不足」と捉えられて評価が厳しくなることも。特に皆が同じ箇所で間違えていたりするのは問題視されやすいです。

通信制大学はレポートや再提出が多くなる

これは少し話が変わるのですが、通信制大学ではレポートの数がそもそも多いため、必然的にレポートの再提出も多くなってくると考えられます。また数だけの問題ではなく、通信制では単位を修得するためにレポートが重要な役割を担っています(もちろん通学でもレポートは大切ですが)。ですから特に通信制大学の学生にとっては、レポートの再提出は「毎度おなじみの出来事」となっているかもしれませんね。

レポートを再提出する際の注意点

レポートを再提出する際の注意点

ここからは、レポートを再提出する際の注意点を解説します。せっかく再提出するのですから、今度こそ合格となるように、以下の3点には注意しましょう。

修正箇所が分かるようにすること

1点目は「修正箇所が分かるようにすること」です。具体的には、

・旧版に「ここから別紙」と書いて、別紙を添付
・色文字を使って目立つように訂正
・表紙など分かりやすいところに修正したページを明記

などの方法があります。修正箇所が分からないと、教授の方では1から読み直しをしなければならず大きな負担をかけてしまうことに。修正の方法は教授によっても異なりますので、必ず確認した上で修正箇所が分かるように仕上げるようにしましょう

先行論文や文献でしっかりインプットすること

レポート再提出の理由が内容的な問題であった場合は、改めて先行論文や文献を読み込み、しっかりと理解を深めることも大切です。場合によっては講義のノートを見返して復習することも有効でしょう。

しっかりと理解していないままレポートを作成しようとすると、どうしても「他人の言葉を借りて」作成していくこととなり、内容にほころびが出やすくなります。そこを教授は「分かっていないな」と見破ってしまうのです。そうならないためにはやはり内容をしっかりインプットし、自分なりの考えでまとめていくようにしましょう

提出期限は厳守!

そして3点目は「提出期限は厳守!」これは再提出に限らず1回目の提出の時も同じです。高校のときにもいわゆる宿題と言われるものはあったと思いますが、高校と大学の最大の違いは「提出期限を1秒でも過ぎたらアウト」という点。高校の先生は課題を待ってくれますが、大学の先生は待ってくれません。

そのレポートが確実にA+(大学によっては秀)を取れるレポートだったとしても、1秒でも期限を過ぎればA(優)になってしまいます。もし元の評価がCだったらと考えると…恐ろしいです。

こちらはある実験レポートをギリギリで提出した時の事例です。

ある実験のレポートが出されたときに、学校に着いたのが提出期限の3分前ということがありました。そこから実験室のレポートボックスに着いたのが1分前……そこには実験室のスタッフの方がおり、「早く早く!」と急かされながらホッチキス止めをしてレポートボックスに投函したのが提出期限の3秒前でした。3秒後にきっちりレポートボックスを閉じていたのを見て、「ああ本当に1秒過ぎたらアウトなんだ……」と実感したのを今でも覚えています。
(マイナビ学生の窓口編集部調べ)

このように大学のレポート提出には「そこまで!?」と言いたくなるほど厳密な期限が設けられていることが多いです。一歩の差で間に合わなかった、なんてことのないよう、早め早めの提出がオススメです。

今後レポートの再提出を減らすために

レポートの再提出を減らすために

レポートの再提出はよくあることとはいえ、できるだけ少ないに越したことはないですよね。今後の再提出を減らすためには、ルールをよく確認することはもちろんのこと、やはり中身を充実させることが大切。ある程度時間をとって、資料を読み込みインプットしていくことが求められます。

そこでお役立ちなのがスマホアプリ。例えばカレンダーやリマインダーなどのアプリには、予定をお知らせしてくれる機能がついています。あらかじめレポート作成の予定を組んでアプリに登録しておけば、計画的に準備を進めることができますよ

どうしてもレポート作成の時間が取れない場合、1週間の時間割やアルバイト・サークル活動などを洗い出し、時間の使い方を改善できないか検討することも必要。場合によっては奨学金の利用を検討するなどして、金銭的にも心身にも無理になりすぎないようスケジュールを立てたいものですね。

まとめ:凹みすぎず冷静に対処しよう

ということで、レポートが再提出になってしまった時の心構えや再提出になった理由、再提出の際の注意点などを解説してきました。改めて注意点についてまとめておきます。

=レポートを再提出する際の注意点=


・修正箇所が分かるようにすること
・先行論文や文献でしっかりインプットすること
・提出期限は厳守!

「再提出」と言われると一瞬「ガーン!」となってしまうかもしれませんが、あまり落ち込まなくても大丈夫。凹みすぎず冷静に気持ちを入れ替えて、今度こそ合格をGETしましょう。特に理系の皆さんは実験が多く「実験レポート」が大変かもしれません。ですが理系でも文系でも結局のところ、真面目にやっていればどうにかなるものです。「しっかりインプットを行い、オリジナルでまとめる。」この基本姿勢を忘れずに取り組んでみて下さいね。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催