経験者に聞いた! インターンが就活で役立った場面4つ「そのまま内定」「責任を学んだ」

編集部:すい
2016/05/01
インターン
あとで読む

インターンを経験していると就活で有利になるという噂をよく耳にしませんか? 選考を受ける予定の企業で前もって働くことで、選考に活かせる経験や情報を手に入れられる場合があります。実際、インターンを経験した人はどんな部分が役立ったと感じているのでしょうか? 今回は若手社会人のみなさんにインターンが就活で役立った場面について聞いてみました。


■インターンを経験したことがありますか?
はい 108人(26.7%)
いいえ 297人(73.3%)

約25%の人はしたことがあると回答。意外とやっていない人も多いのですね。では、実際にインターンをやってみた人はどんなところが就活で役立ったのか、エピソードを見てみましょう。

■選考で有利になった
・インターンから直接採用された(女性/25歳/情報・IT)
・インターン経験者は、先着で内定をあげるといわれた(男性/27歳/小売店)
・面接に受かった。インターンで学んだ事を活かせたから(男性/21歳/その他)
・インターン体験を交えて、やりたいことを話せた(男性/26歳/自動車関連)

実際にインターンで体験した上でやりたいと思ったと言えれば、説得力が増しますよね。こんなはずでは……という入社後のギャップも少ないので自分にとってもプラスに。

■顔を覚えてもらっていた
・普段の自分を知ってくれているので味方になってくれた(女性/28歳/小売店)
・面接時に話しかけてもらい、あまり緊張しすぎず受け答えができた(女性/29歳/医療・福祉)
・挨拶をしたら、すぐに声をかけてもらえた(女性/27歳/その他)
・顔を覚えてもらって、周りの人よりはプラスになったかなと思った(女性/20歳/その他)

インターンで知り合った社員の人に選考でも会えると、緊張がほぐれるようです。全く知らない人ばかりの面接会場に一人でも知っている人がいると違うもの。メンタルの面でも他の人より有利になりそう。

■会社の雰囲気がわかった
・事前に職場の空気を感じることができた(男性/27歳/医療・福祉)
・実際の雰囲気を体感できたため、その会社のイメージに真実味が出る(女性/25歳/医療・福祉)
・内部に入ったから分かることがたくさんあった(女性/20歳/食品・飲料)

・学生でもしんどいのだから社会人になったら……とある程度の覚悟をしておくことができた(女性/27歳/医療・福祉)

実際にオフィスに入って「働く」という経験をするインターン。会社の雰囲気や社員の働きぶりを自分で感じとることができるので、自分と本当に合っているのか判断することができます。

■その他
・社会人との話し方に慣れた(女性/24歳/医薬品・化粧品)
・働くと言うことの意味、責任を学んだ(男性/27歳/マスコミ・広告)
・クビにならない術を教えてもらった(男性/27歳/小売店)

普通に大学生活を送っているだけでは、社会人と話す機会はごくわずか。インターンに行けばたくさんの社会人と会うことができ、正しい敬語もマスターできそうですね。社会人と話してみなければわからないような知識も得られそうです。

いかがでしたか? インターンをしてみないと、実際に働く現場を体験できる機会はなかなかありません。挑戦するのは少し怖いなという気持ちもあるかもしれませんが、今しか体験できないことなので、迷っている人はまずは試しにエントリーしてみては?

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2015年4月
調査人数:社会人1~3年目の男女405人

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催