好きな人を視線で落とすなら……「3秒」が鉄則って本当?

学生の窓口編集部MI(GW)
2016/04/27
大学デビュー
あとで読む

好きな人を視線で落とすなら……「3秒」が鉄則って本当?

「目は口ほどにものを言う」のことわざ通り、だいじなコミュニケーション方法である「視線」。気になる異性と目が合ってドキッとしたなんて経験は誰にでもあるでしょう。目をみて話せば気持ちが伝わると言われているものの、相手を見ているのは話している時間6割程度……顔すら見ていない時間のほうが長いのがフツウです。目が合う時間は世間話ならだいたい1秒、自分に感心を持っているひとほど長くなる傾向があるので、メッセージを伝えたいなら3秒程度が効果的。好きなひとと話すときは目を見て話すのが得策なのです。

■40%は「視野」の外

スポーツで良く使われるアイ・コンタクトは、文字通り「目」による意志伝達を意味します。不測の事態や打ち合わせができないときに非常に便利なコミュニケーション方法ですが、よほど息のあう仲間でないと上手にできません。ところが「視線」から得られる情報は意外と多く、お決まりのパターンも豊富。上手に利用すれば親密度も大幅アップできるのです。

話をするときは「相手の目を見て」話すと気持ちが伝わりやすいと言われているように、視線を合わせるだけで「ことば」以上の効果を発揮することもありますが、相手の顔を見ているのは対話時間の6割程度と言われ、目が合わないどころか別のものを見ている時間が半分近くもあるのです。これは相手への興味、話に関心を持っているかによって差があり、好意的な相手に対しては長くなる傾向があります。世間話なら目が合っても1秒程度、それより長いのは重要な話や相手に好意を持っている証拠。1.5秒も目が合うと相手も「関心を持たれている」と気づくと言われていますので、好きなひとと話すときは倍の3秒見つめるようにすれば、心の距離がぐっと近くなるのです。

ただし、真剣な顔/するどい目つきで見つめられては、話どころかリラックスできません。話しづらい印象を与えれば逆効果以外のなにものでもありませんし、かといって急に視線をそらすのも違和感バリバリですから、ときどき3秒見つめるぐらいが良さそうです。

次のページ好意以外の「関心」もあり

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催