冬におすすめ! 新橋のおいしい鍋屋さん15選

学生の窓口編集部
2016/12/15
グルメ
あとで読む

みんなが仲良しになれるお鍋は、いつもは声をかけづらい人を誘うチャンスです。新橋なら、気軽に企画できますよね。日が落ちるとグンと冷えこむ冬の夜は、気になるあの人をお鍋に誘いましょう!

○あまくさ

東京にいながら熊本尽くしを満喫できることで有名な『あまくさ』。こちらの冬の名物といえば、幻の地鶏「天草大王」の水炊き(2500円)。ポタージュのよう濃厚なコクがありつつ、後味はあっさりしています。超こってりなのに、超あっさり。こんな不思議な味わいは、他では体験することができません! 歯ごたえあるもも肉、ふんわりジューシーな胸肉、きくらげ入りの食感が楽しいつくねと、まさしく地鶏尽くしで、その旨みを心ゆくまで味わえます。コラーゲンもたっぷりで、翌日のお肌が見違えるようになりますよ! 一冬に一度、一度食べたらもう一度、と、やみつきになることうけあいです。数多く取り揃えられた九州の地酒にぴったりの「自家製燻製の6点盛り」(1500円)など、呑兵衛の心をくすぐるアテが豊富なのも嬉しいですね。

<基本情報>
・名称: あまくさ
・住所: 東京都中央区銀座5-4-5 与板屋ビル 3F
・アクセス: 銀座駅 徒歩1分
・営業時間: 17:30~23:30 (23:00L.O)
・定休日: 年末年始
・電話番号: 03-3289-6262・参考サイト: http://amakusa.favy.jp/

○のぼせもん

銀座駅すぐ近くという立地ながら、リーズナブルにもつ鍋をいただける『のぼせもん』。こちらの「特製モツ鍋」(1150円)、ただのモツ鍋ではありません。ベースのお出汁は醤油、味噌、塩の3種類とオーソドックスながら、薬味に柚子胡椒と削り節がついてくるんです。辛子高菜(150円)、たたき梅(150円)、一本明太子(580円)など、九州ならではのちょっと変わったトッピングも楽しい! 南国ならではのさわやかな後味は、冬に限らず真夏でも注文するというファンが多いのも納得です。明るく高級感ある店内は、全席個室でプライベート感たっぷり。お料理やお酒も九州尽くしで大満足。地酒やワイン、ノンアルコールドリンクの種類も多いので、いろんなシチュエーションで利用できそう。

<基本情報>
・名称: のぼせもん
・住所: 東京都中央区銀座5-9-5 チアーズ銀座7F
・アクセス: 銀座駅 徒歩1分
・営業時間: 平日/17:00~翌05:00 日曜/17:00~23:00
・定休日: 無休
・電話番号: 03-6280-6858
・参考サイト: http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13117806/

○羅豚 銀座本店

銀座日航ホテルの地下にある、しゃぶしゃぶとせいろ蒸しの専門店『羅豚』。たっぷりの長ねぎを浮かせたお鍋でしゃぶしゃぶにした極上の黒豚を、四段仕込みの特製蕎麦つゆでご賞味あれ。爽やかな香りの柚子胡椒と蕎麦つゆの相性が、これまた抜群! そのままスープのように飲めてしまいます。肉厚でジューシーな有機栽培のお野菜は、お肉に負けない存在感。締めにはもちろん、黒豚のコクが加わったつゆで日本そばをいただきましょう。全てがこだわり抜かれた逸品で、これぞまさしく銀座のしゃぶしゃぶといったところです。平日は12種類ものランチが1080円からとお値打ち。ご飯と豚汁のおかわりもできて、ボリューム満点。昼夜ともに訪れたい人気店です。

<基本情報>
・名称: 羅豚 銀座本店
・住所: 東京都中央区銀座7-8-1 渋谷ビル B1F
・アクセス: 新橋駅 徒歩3分
・営業時間: 月~金/ランチタイム 11:30~15:00 ディナータイム 17:00~翌4:00(L.O.3:00) 土/16:00~23:00(L.O.22:00)
・定休日: 日・祝/16:00~22:00(L.O.21:00)
・電話番号: 03-6274-5091
・参考サイト: http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13117806/



○旧月

SL広場から徒歩1分。モダンな内装がオシャレな和食居酒屋『旧月』は、その日の分だけ築地から仕入れた鮮魚が自慢。お作り・焼物・ 煮物・天ぷら・串天など、魚介を美味しくいただけるお店として、新橋サラリーマンの宴会や接待に重宝されていますが、冬の隠れた名物は「水炊き」です。10時間煮込んで出来上がった濃厚な白濁スープはポン酢いらず。誰もを唸らせる自信の逸品。遠方の方への贈り物や家庭用として「お取り寄せ水炊きセット(4~5人前5000円)」ができるほど。水炊きの概念が変わるこの濃厚スープを知らない人は、今冬ぜひ召し上がれ。桜鯛のしゃぶしゃぶ(白子つき1830円)やかも鍋(1830円)は期間限定なので、出会えたときが食べどきです! お店で打っているという蕎麦も素晴らしく、せいろ(620円)は、専門店顔負けの完成度です。

<基本情報>
・名称: 旧月
・住所: 東京都港区新橋2-9-4 乾盃ビル 3F
・アクセス: 新橋駅 徒歩1分
・営業時間: 月~金/11:30~23:30(L.O.22:30) 土/11:30~22:30(L.O.21:30)※ランチメニューL.O.16:30
・定休日: 日・祝
・電話番号: 03-3503-4490
・参考サイト: http://www.kyuduki.jp/

次のページ【厳選15店】新橋のあったか鍋特集 2ページ目

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催