大学生に聞いた! 入学式の恥ずかしい思い出5選「髪型に気合を入れすぎて浮く」

学生の窓口編集部
2016/03/25
学生トレンド
あとで読む

大学生活に期待を膨らませながらキャンパスの門をくぐったのに、気合いを入れすぎて入学式初日からまさかの失敗! 先輩たちにもそんな経験があるようです。今回は、入学式の恥ずかしかった思い出を現役大学生に教えてもらいました。

■まだ慣れないから……

・ビシっと決めたはずが、ストッキングが伝線していた(女性/21歳/大学4年生)
・ネクタイがうまく結べていなかった(男性/20歳/大学1年生)
・スーツとヒールに慣れていなくて何回もこけそうになった(女性/22歳/大学4年生)

初めてスーツを着たときは大人になったように感じますが、多くの学生の問題は慣れていないこと。せっかくの門出なのに、スーツがヨレヨレになってしまった人もいるようです。

■気合いを入れすぎた!

・ヘアスタイルを編み込みのアップにして行ったら、周りはダウンヘアの大人っぽい雰囲気の女子が多くて、気合いを入れすぎた感じがして恥ずかしかった(女性/24歳/大学4年生)
・一同返事をする際に自分だけ声を張り上げてしまった(男性/22歳/大学4年生)
・母が入学式のネクタイは明るい方がいいと言ってそれにしたがったが、回りは青などわりと普通のやつをしていて恥ずかしかった(男性/19歳/大学1年生)

大切なスタートをきる入学式ですから、カッコ良く決めたいですよね。自分だけ声を張り上げたら恥ずかしい気もしますが、周りには元気な学生だと好印象だったかもしれません。

■先行き不安な間違い

・保護者入口から入ってしまった(男性/22歳/大学4年生)
・入学式の受付だと思って並んでいたら写真撮る人の列だった(女性/20歳/大学2年生)
・入学式の会場の最寄り駅を間違えて、めっちゃ歩いてしまい疲れた状態で参加したこと(男性/21歳/大学4年生)

入学式会場の最寄り駅を間違ってしまったのは、相当焦ったことでしょう。それでも式に間に合って良かった!

■痛恨のミス……

・スーツのスカートの仮縫いを切ってなかった。式終わって帰るとき、両国国技館はいちいち柵があるからまたいだ時、ブチって切れて。うわー太った!って思ったけど仮縫いの糸だった(女性/19歳/短大・専門学校)
・スーツのチャックが開いていて、パンツが見えてしまった(男性/19歳/大学1年生)
・入学式はスーツのスカートだったのだが、足のムダ毛の処理がいまいちで、目立ってしまっていた(女性/22歳/大学4年生)

うっかりは誰でもあることですが、それでもやり直したい気になりますよね。鏡でチェックしてから出かける習慣をつけるといいかもしれません。

■最初が難関!? 友だち作り

・人見知りでなにを話したらいいのかわからず、雰囲気を盛り下げてしまったこと(女性/20歳/大学2年生)
・全然友だちができなかった(男性/22歳/大学4年生)
・一生懸命周りの人に話しかけたら、迷惑そうな顔をされた(女性/25歳/大学院生)

誰もが悩む友だちの作り方。上手く話しかけられるか、そもそも友だちができるのか、とても心配……。みんなも同じ思いのはずなのに、気軽に声をかけて迷惑そうな顔をされたらショックです。

ちょっとした失敗で、せっかくの門出が苦い思い出になってしまった大学生は多いようです。今は思い出したくないことも、もっと大人になったら笑い話になるはず。ネタがひとつできたと思えば悪くない!?

文・OFFICE-SANGA 藤平真由美

調査時期:2016年3月
アンケート:学生の窓口調べ
集計対象数:大学生男女402人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催