就活の平均経費は16万円。交通費・宿泊費・スーツ代など…就活のお金、上手にやりくりする方法とは?

学生の窓口編集部
2016/03/22
SPONSORED
あとで読む

就職活動をする上で、避けては通れない問題が、そう、お金です。交通費、スーツ代をはじめ、ビジネスシューズに履歴書購入代、履歴書用の写真代、さらには、面接前にカフェで過ごすお茶代に至るまで…。様々な費用が掛かってきます。しかも、就職活動は、自分の将来が決まる一大事です。ケチケチせずに、どんどん投資していきたいと思うのが普通でしょう。そこで、まずは就職活動に掛かる費用はいくらなのでしょうか?

■平均的な就活経費は…

ざっと、「16万円」という調査結果が出ています。(2016 年 3 月卒業予定の全国の大学 4 年生

向け「日経就職ナビ 就職活動モニター調査」より) さらに、地方と東京(首都圏)の学生だと以下のように、かなりの差があるようです。

●東京(首都圏)の就活生⇒約10万円

●それ以外の地域の就活生⇒約30万円

30万円…。「こんなに払えない…」という方もいることでしょう。やはり、地方だと移動交通費や宿泊代なども入るため、東京(首都圏)の就活生の3倍にも及ぶ費用が掛かるようです。しかも、就職先がなかなか決められず、足踏みしているとさらに費用は増える一方。そんな状況を打開するのは、やはり…

早く内定を貰うのが一番!!!

とはいえ、早く決めるだけの問題でもありませんし、お金が必要になってくることは避けられません。お金を稼いだり貯めておく、節約といったことが必要です。そこで、就活生のお金のねん出方法と節約についてまとめました!

■バイトで稼ぐ

就職活動期間で、もっともやっかいなのは、いつ面接が入るか分からないところです。会社説明会程度でしたら、あらかじめ、かなり前から通達されるので、予定が明けやすいのですが、問題は選考がスタートしてから。1次⇒2次⇒3次と、選考する人数が絞られてくる分、どんどん短い間隔で日程が知らされていきます。最終選考間際になったら、2日後、3日後なんてケースもざら。そのため、シフトで固定されたアルバイトと並行して続けていくのが難しくなってきます。月に1回、もしくは半月に1回のシフト事前申告制のでもなかなか融通が難しいかもしれません。

「土日は面接とか無いでしょ」

そう思っても、こんな取り決めがなされた今、ちょっとむずかしいかも……。

「経団連は7日、会長副会長会議を開き、大学生らを対象とした採用指針を改定した。2017年春入社の大学生らについては面接などの選考活動の解禁を、8月1日から6月1日に前倒しすることが正式決定した。指針は、授業に配慮して面接を土日や夕方に実施することも呼びかけている。 」

※毎日新聞2015年12月8日 東京朝刊一部抜粋。

実際、既に多くの企業が土日に採用活動を行っているようで固定シフトなどのバイトは難しそうです。

そこでおススメなのが、短期バイト。

さまざまな会社がありますが、その多くが前日、前々日に仕事のオファーがやってきます。試験監督・巫女・交通量調査・イベントバイトなどに単発で入れます。また、「朝の2時間だけ」「深夜帯でも働ける」など、多彩なワークスタイルのものがあるので、都合に合わせて選べるのも嬉しいところですよね。

■お金を節約する

ただでさえ忙しい就職活動の時期。面接・説明会がない日もESを書いたり、SPIの勉強をしたり、OB訪問したり…。とてもじゃないけど、バイトしている余裕がない!

そんな方でしたら、就活費用を節約するしかありません。親の援助がある人も多いとはいえ、そんなにバンバン使えるわけではないですよね。

<就活で費用がかかったもの>
●服装(スーツ、靴、バッグ)
●交通費
●宿泊費
●本、書類、文房具
●カフェでのお茶代

中も、交通費、宿泊費は毎回かかる上に遠方になると高額にもなりがち。

効率よくスケジュールを組むなどで、回数を上手にコントロールすることも節約のポイントになりそうです。

●前日予約OK。飛行機とホテルを自由に選べるダイナミックパッケージ

■就活費用、削れるのはどれ?

●スーツ代を安くする!

せっかくの就活だから、ビシッとハイブランドなものを…といきたいところですが、スーツの値段は天井知らず! オーダーメイドではなくても、ちょっと良いものを買おうと思ったら、5万円~10万円は掛かってしまいます。ですので、高級品を購入するのは、社会人になってから、就活スーツは安く済ませるのも一つの手でしょう。就活生向けのクーポンも出回っていますので、そういった学生だけの特権を利用すれば良い物を安く手に入れることもできるので、買おうと思ったらまずはチェックしてください。

その他にも、大手スーパーチェーン「西友」からは、6,800円のスーツも販売され話題になりました。とりあえず安価で!という人におすすめです。

また、『パーフェクトスーツファクトリー』から、スタンダードモデルであれば「10,000円」というスーツも販売されているようです。各社低価格を打ち出していますので、比べてみるのもいいでしょう。

●交通費・宿泊費を安くする

スーツなどの服飾費用よりも、多くのお金が掛かるとされる交通費・宿泊費。では、具体的に、就活生はどれくらいのお金を交通費・宿泊費に費やしているのでしょうか?

就職ジャーナルの調査によると、就職活動にかかった交通費の平均額は4万8,633円だったそう。1万円以内と答えた学生も53.6%いた一方、10万円以上と答えた学生も18.5%と約5人に1人は高額な交通費・宿泊費がかかっています。

住んでいる場所が首都圏か地方かという差がありますが、交通費は常にかかってしまうので頭の痛い問題です。

特に、地方に住む学生にとって、悩みの種となる交通費。長距離の移動手段の選択肢として考えられるのは、高速バス・新幹線・飛行機が主でしょう。どれも、首都圏を東京メトロとJRでほぼ網羅できる都内在住者と比べると、費用が大きく掛かります。ちなみに、この3つの交通手段を利用したとして、東京→大阪の片道だと、それぞれの方法でこれだけのお金がかかってしまいます。

●飛行機(JAL・ANA)…平均22,900円(当日購入・通常期往復運賃の場合) 所要時間:1時間10分
●ひかり・こだま指定席…14,140円 所要時間:2時間40分
●高速バス…平均5,000円~7,000円 所要時間:7~8時間

東京⇒大阪間の片道だけでこの価格。これが、例えば、北海道→東京、九州→東京などになると、さらに費用は増大します。また、1回で終わらないことがほとんどですので、東京在住で、地元へのUターンを考えている人も含め、交通費の負担は大きく、宿泊費なども入れると30万円以上かかってしまうのもうなずけます。それぞれの方法について見てみましょう。

安く済ませることだけであれば、やはり「高速バス」。シーズンと曜日によっては、片道3500円程度でいける場合も。

しかし、バスのデメリットといえば、移動に時間が掛かる! 寝心地も決して良いわけではないので、ベストなコンディションで面接本番を迎えたい!という人は避けた方がいいかも知れません。

では、新幹線はどうでしょうか?

新幹線であれば、シーズン・曜日に関わらず料金は一律。所要時間も2時間40分とそそこまで掛からないですし、多い選択肢といえるでしょう。

最後に、飛行機です。

もしかしたら、そもそも考慮にいれていないという人も多いのではないでしょうか?

確かに、上記の通り、時間が一番掛からず、快適さも保証されているものの、値段が高そう……と足踏みしてしまうということが多いのかもしれません。

しかし、飛行機もやり方によってはかなりお得に利用できます。

例えば、全日空(ANA)を見ると、前日予約でも、ゴールデンウィークやお盆、年末年始のハイシーズンでなければ、新幹線よりも安く利用することが可能です。

就活はその時期が外れることが多いので、時間も短縮できて節約もでき就活には持ってこいだったりします。

では、具体的にどんなときがお徳かというと…

■平日
■ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの一般的なハイシーズン以外

この二つに留意して予約すれば、タイミング次第でかなりオトクに行けます。もっといえば、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の前後期間は、旅行客の客足が伸び悩む時期なので、相当安くなっている場合が多いです。

また、交通機関とあわせて、宿泊施設も利用するというなら、航空会社や旅行会社が実施している「ダイナミックパッケージ」というプランを使ってみるのも一つの手です。

どんなサービスかというと、航空機とホテルをはじめとした宿泊施設を所定の範囲内で、自由に組み合わせて選べるというもの。通常よりも安く飛行機や宿泊施設を利用できる上に、特典があったり、マイルも貯まるので、選択肢の一つに入れてみてもいいかも知れません。

●ANAダイナミックパッケージ「旅作(たびさく)」

●JALダイナミックパッケージ

いかがでしたでしょうか? 就活生にとってお金は死活問題。うまくやりくりしなければ、たまの息抜きに友達と遊びに行きたいのに所持金が無い…なんてことにもなりかねません。そうならないためにも、ここに上げたお金のねん出方法、節約法をうまく活用して、ぜひ、快適な就活ライフを送っていただければと思います。

●文 ロックスター小島

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催