養殖マグロの近大 今度は養殖アナゴで泉南市とタッグ

Jeana
2016/03/17
学生トレンド
あとで読む

近年、大阪湾では、アナゴの漁獲量が激減している。

大阪府泉南市は、その危機を乗り越えようと、養殖マグロで有名な近畿大学とタッグを組み、アナゴの養殖にのりだしたことを、16日の「キャスト」(朝日放送)で放送した。

焼いても、揚げても美味しいアナゴ。
今、日本一美味しいと言われている大阪湾のアナゴが激減して、危機的な状況に陥っている。

全国的にみても、2004年7,937トンあった漁獲量が、2014年には4,011トンまで減っており、このままだとさらに減少してしまう。

そんな中で、泉南市はアナゴの復活を目指して立ち上がり、養殖に着手した。
泉南市は、大阪府内でも第1位の漁獲量を誇るが、2004年に140トンだったものが、2013年は25トンまで減ってしまった。温暖化や、水が綺麗になりすぎたことが原因と言われているが、確かではない。

そこで、アナゴを養殖することになり、近畿大学水産研究所とタッグを組むことになった。
近畿大学が、アナゴ養殖の研究を始めたのは2004年。
試行錯誤を繰り返して、アナゴが育つ環境やエサを作りだすことに成功。

マグロのように卵からつくり出す完全養殖とまではいかないが、稚魚から育てたアナゴのおよそ90パーセントが、半年ほどで出荷できる大きさになった。

天然のアナゴの場合は、2~4月の寒い時期にはあまり漁獲されない。
仮に漁獲されても脂がのっておらず、質の悪いものが多い。
しかし、養殖の場合は安定しており、脂がのり肉厚のものが出荷できる。

養殖アナゴは、とても肉厚で、脂を感じるがしつこくない味だとか。

アナゴを養殖するためには、技術の習得と施設の確保が必要。
アナゴはしっかり管理さえすれば、比較的育てやすく、5日間ほどで習得できる。
泉南市は、漁港のBBQ会場だった場所を大改造して、養殖施設に変更。

そして、今月の6日に、近大から泉南市に養殖アナゴが贈られて、養殖プロジェクトがスタートした。
今年は、必要なデータの収集を行い、今後2年を目処にブランド化と販路の開拓。
3年目からは販売にこぎづけたいとしている。

ウナギも減っていると言われているが、アナゴも減少とは…。
近大は、昨年末「ウナギ味のナマズ」も開発している。
泉南市の養殖アナゴが市場に出るのは3年先だが、早く食べてみたいものだ。

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催