「ゆとり」世代だけじゃない! イマドキの若者は「さとり」といわれている!?

マイナビ進学U17
2016/03/01
仕事を知る
あとで読む

「ゆとり世代」という言葉をよく聞きますが、「さとり」と呼ばれる世代もあるのだとか。一体どのあたりが「さとり」なのでしょうか。

■「ゆとり」と「さとり」、一体どう違うの?

いつの時代も、「○○世代」という言葉はあるものです。古くは戦後の第一次ベビーブームに生まれた「団塊の世代」にはじまり、イケイケの好景気時代を経験している「バブル世代」、バブルがはじけた後の就職難を体感した「団塊ジュニア世代」など、世代によって世相を反映した特徴が見受けられます。

そして、近年よく聞くのが「ゆとり世代」と「さとり世代」です。ともに最近の若い人たちを指している言葉ですが、みんさんにとっては、どのようなイメージを持たれる言葉でしょうか。そもそも、この2つの世代ってどう違うのでしょうか?

ゆとり世代と呼ばれるのは、はっきりした定義はできないものの1990年代前半から2004年くらいに生まれた人を指しています。2002年度に行われた学習指導要領による「ゆとり教育」を受けていることから、そう名づけられています。ゆとり教育では、かつて土曜日も半日の授業があった時代とは違い、土日が休日になる週5日の授業が基本になっています。このことにより、授業時間が減り学習内容が削減されている反面、休みの時間が増えているためにのんびりと育っている人が多いといえるでしょう。

また、学校の成績についても変化しており、学力テストでいい点数を取ることを基準にして通知表の点数を決める「相対評価」から、テストの点数は低くても、授業態度や部活動での活躍、委員会やボランティア活動といった一生懸命な姿など、教員からみて努力する姿勢があることが評価の対象となる「絶対評価」に変わったことが大きく影響しています。

つまり、英語のテストで90点を取ったAさんと70点だったBさんでは、相対評価ではAさんのほうが上ですが、Bさんは毎回授業で発言が多く、宿題も一度も忘れたことがなく、授業外のときも先生に質問に来るなど、学習意欲が高い、ということでAさんとBさんが通知表で同じ5を取ることもあるのです。そうした評価の受け方は、シビアに営業成績だけで査定される会社など、厳しい社会に出たときの打たれ弱さになってしまっているという見方もあります。

関連記事

あなたにオススメ

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催