​【厳選】雰囲気抜群! 中目黒で絶対行きたいおすすめイタリアン 16選

学生の窓口編集部
2016/02/23
グルメ
あとで読む

都内のお花見スポットといえば目黒川沿いが有名ですよね。毎年お花見シーズンになると、そのあたりの桜を眺められる飲食店は予約でいっぱいだそうです。しかし実はここ中目黒、季節を問わず行ってみてほしいイタリアンの激戦区! カジュアルながら本格的なトラットリアから、オリジナリティあふれる料理が楽しめるレストランまで、幅広いイタリア料理店をご紹介します。

○ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ

ナポリで行われる世界ピッツァ選手権で大会史上初の3年連続入賞を果たし、TV出演や著書も多い山本尚徳氏のピッツェリア。"味・雰囲気・情熱・価格すべてをナポリから"がモットーで、店内はイタリアの街角のような気取らないスタイルの活気あるオープンキッチンになっています。世界一のピザ職人の技を間近で見られる、存在感たっぷりの大きなピザ釜は圧巻! トマトソース・バジリコ・ガーリック・オレガノで仕上げたスタンダードな「マリナーラ」(1500円)や、モッツァレラ・ゴルゴンゾーラ・タレッジョ・パルミジャーノの4種類の人気チーズを使った、チーズ好きにはたまらない「クアットロフォルマッジ」(2350円)など30種類のピザは、どれも世界一! 中目黒に行ったら一度は行きたい、並ぶ価値ありの有名店です。

<店舗情報>

・名称:ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ
・住所:東京都目黒区青葉台1-28-9
・アクセス:中目黒駅より徒歩6分
・営業時間:火~日/ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:30~22:45(L.O21:45)
・定休日:月曜
・電話番号: 03-5768-3739
・参考サイト: http://www.da-isa.jp/

○バランチェッタ

ヨーロッパのトラットリアやビストロを想像させる、カジュアルさとオシャレが混在した居心地の良い空間『バランチェッタ』。イタリアン、フレンチ、日本料理の技をミックスしたメニューの数々に心を奪われます。オーダーに迷ったら「おまかせアンティパストミスト」(1500円)がオススメ。その日の前菜10種類以上が、ワンプレートに所狭しと並んでいます。「ズワイガニ入りカニ味噌クリームソースのタリオリーニ」(1600円)や「骨付き子羊きのこたっぷりのカッチャトーラ風」(2400円)とパスタやメインディッシュを楽しんだあとは、デザートも外せません。「リンゴのテラコッタ焼き 和三盆アイスのせ」(800円)は、はなまるマーケットの人気コーナー「今日のおめざ」でも紹介された絶品です。

<店舗情報>

・名称:バランチェッタ
・住所:東京都目黒区上目黒1-16-6
・アクセス:中目黒駅より徒歩2分
・営業時間:火~日/ランチ 11:30~15:30
ディナー 18:00~24:00
・定休日:月曜 ※花見シーズンは無休
・電話番号: 03-3710-6885
・参考サイト: http://barancetta.com/

○イル ルポーネ

ナポリ市に本部を置く「真のナポリピッツァ協会」認定の窯焼きピザと、南イタリア・カンパーニャ州の料理がメインのトラットリア。洋風の可愛らしい外観と、落ち着いた店内で、大切な人を連れていきたくなるお店です。本場ナポリから取り寄せた薪窯で焼き上げる自慢のピッツァは、イタリアン激戦区の中目黒でも評価が高い名品。モチモチの食感が楽しい生地と素材にこだわった具たくさんのピッツァの中でも、オススメは「マルゲリータ インテグラーレ」(2300円)です。水牛のモッツァレッラの濃厚な味わいがオリジナルのトマトソースとよく馴染んでいて、ボリューミーなのにペロリといただけちゃいます。お手頃価格でコースを楽しめる休日ランチ(2000円)は大人気のため、予約必須!

<店舗情報>

・名称:イル ルポーネ
・住所:東京都目黒区中目黒2-10-19 1F
・アクセス:中目黒駅より徒歩10分
・営業時間:火~金/ディナー18:00~24:00(L.O)、土日祝/ランチ12:00~14:30、ディナー18:00~22:00(L.O)
・定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌火曜が休業)
・電話番号: 03-5722-6789
・参考サイト: http://www.il-lupone.jp/

○ナポリ、アマルフィ料理 ティ・ピッキオ

世界一美しい海岸と名高いイタリアのアマルフィ地方。その港町ミノーリで学んだシェフが営む、気さくな雰囲気のトラットリアです。本場のアクアパッツア(2000円~※価格は日により異なる)は絶品! 酸味が強く食欲をそそる「新鮮ないわしのマリネ」(600円)は、アマルフィ海岸ならではの前菜です。アクアパッツァと言えば魚ですが、ういきょうやズッキーニなどの野菜を煮込んだソースを使用した野菜のアクアパッツァも見逃せません。いいだこをプチトマトで煮込んだナポリの名物「いいだこのおぼれ煮」(1500円~)や「手長エビのリングイネ」(1850円)など、本場のナポリ、アマルフィ料理をぜひお楽しみください。

<店舗情報>

・名称:ティ・ピッキオ
・住所:東京都目黒区青葉台1-16-9 サクラガーデン 3F
・アクセス:中目黒駅より徒歩5分
・営業時間:火~日/ランチ 11:50~15:00(L.O.14:30)、ディナー 18:00~23:00
・定休日:月曜(月曜が祝祭日の場合、翌火曜)
・電話番号: 03-5458-2331
・参考サイト: http://tipicchio.jimdo.com/

○N_1155

野菜不足はこちらでチャージ! 契約農家から直送した旬の野菜と漁港直送の鮮魚をたっぷり楽しむオーガニックイタリアンです。スタッフが現地まで足を運んだ、生産者の見える素材を使用した料理で体も心もデトックスしちゃいましょう。「自家製グリーンスムージー」(550円)や「オーガニックコーヒー」(550円)など、ドリンクメニューも健康へのこだわりがうかがえる品揃え。ランチメニューには「トマト」「マメ」などテーマがあり、アロマウォーター、酵素スムージー、ハウスサラダ、デザートがついて1000円~。1階はカジュアルなバルスタイルでアラカルトを、2階はしっとりムーディーにコース料理をいただけます。店内では料理に使われているみずみずしい産直野菜の販売もあるので、お土産にもいかがでしょうか?

<店舗情報>

・名称: N_1155
・住所:東京都目黒区中目黒1-1-55 1F・2F
・アクセス:中目黒駅より徒歩5分
・営業時間:火〜金/ランチ12:00~15:00(L.O14:30)、ディナー18:00〜24:00(L.O22:00)
土/ディナー18:00〜24:00(L.O22:00)、日/ディナー18:00~23:00(L.O22:00)
・定休日:月曜、土日ランチ、第1・第3日曜
・電話番号: 03-3760-1001
・参考サイト: http://www.n1155.jp/

○クチーナ ブッファ

都心にひっそり佇む、温かみのある一軒家レストラン。吹き抜けのような解放的な天井と、シンプルながらこだわりの感じられるデザインの店内は、まるでモダンな美術館に来たよう。10代後半の頃はプロサッカー選手という異色な経歴を持つ佐藤大介シェフは、「築地の旬とイタリア食材」をモットーに、その日に築地で仕入れた食材を使用した料理を提供してくれます。「大介シェフのおまかせコース」(4400円、5500円)は、シェフが仕入れた選りすぐりの素材の味をしっかり堪能することができる魅力的なコース料理。仕入れによってメニューが変わるので、来店するたびに違うコース料理が楽しめるのがリピーター続出の理由です。お弁当やケータリング(要予約)の人気も高く、大人なら覚えておきたい名店のひとつ。

<店舗情報>
・名称:クチーナ ブッファ
・住所:東京都目黒区上目黒1-11-4
・アクセス:中目黒駅より徒歩4分
・営業時間:ランチ 12:00〜15:00 (L.O14:00)、ディナー 18:00~24:00(L.O23:00)
・定休日:不定休
・電話番号: 03-3461-0699
・参考サイト: http://cucinabuffa.com/

○ラ・ルーナ・ロッサ

中目黒川沿いにある白壁塗りのオシャレなオステリア。窓際は全面ガラス張りで、桜の季節にはおとぎ話のような風景を楽しめます。お店自慢のモチモチの手打ちパスタは、種類も豊富。また、1000円からコース料理が楽しめる、ランチタイムの各種メニューも魅力的です。平日1800円のコースは、日替わり小前菜・選べるパスタ・食後のカフェに加え、6~8種の盛り合わせデザートが食べ放題! ゆっくりランチを楽しみたい女性たちには嬉しいサービスですね。1階と地下にはムーディーな個室も用意されていて、大人のプライベート空間も満喫できます。本場ピエモンテで修業したシェフ金子氏の独創的な料理をぜひご堪能下さい。

<店舗情報>

・名称:ラ・ルーナ・ロッサ
・住所:東京都目黒区中目黒2-5-23 清水ビル 1F
・アクセス:中目黒駅より徒歩10分
・営業時間:平日/ランチ 11:30~14:00、ディナー 18:00~22:00、
土・日・祝/ランチ11:30~14:30、ディナー17:30~22:00
・定休日:無休
・電話番号: 03-3793-4310
・参考サイト: http://www.lalunarossa.info/

○港町バル

"東北の恵みとちからを東京のみなさまへ"をモットーとした、港町をイメージしたバル。三陸産の朝取れ産直魚介をたっぷり使った料理が自慢です。目玉は宮城県石巻の冷製、フライ、グラタン仕立ての3種類の調理法でいただく牡蠣「新昌(しんしょう)」(1P350円~)、同じく石巻の脂がのって身がしっかりしまったさば「金華さば」。特にオススメの一品「冷製ヴァッポーレ」は、65℃の低温でじっくり蒸し焼きすることで、まるで生牡蠣のような食感を楽しむことができます。海の幸をつまみながらバーカウンターで軽く一杯もよし、奥のテーブルで食堂風にガッツリもよし。待ち合わせから飲み会までいろんなシチュエーションで使える多機能バルです。

<店舗情報>

・名称:港町バル
・住所:東京都目黒区上目黒3-7-8 世拡ビル 1F
・アクセス:中目黒駅より徒歩1分
・営業時間:月~金/ランチ 11:30~14:00
月~木・日・祝/ディナー 17:00~26:00
金・土・祝前日/ディナー 17:00~29:00
・定休日:無休
・電話番号: 03-3713-8081
・参考サイト: http://hayashi-design-office.com/minatomachi-bar/

次のページ次へ

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催