【車の健康診断】”車検”って何するの?

学生の窓口編集部
2016/02/15
車のある生活
あとで読む

車検は人間に例えると"健康診断"

クルマのフロントウィンドウには、2種類のステッカーが貼ってあるのを知っていますか?
室内から見て左側(左ハンドル車の場合は右側)に貼ってある丸いステッカーが、12カ月法定点検を行った時に貼られるもの、そして、センター付近に貼られているのが検査標章、通称車検ステッカーとよばれるものです。

車検ステッカーは、軽自動車が黄色、それ以外の車種は青いステッカーです。
表面には車検の有効期間が満了する年と月が表示され、裏には車検が満了する年月日が表示されている、重要なステッカーです。クルマに有効期限が書かれたステッカーが貼られるほど重要な車検ですが、皆さんは実際車検がどういうものか知っていますか? そこで、今回は車検の内容をご紹介します。

車検とは、自動車検査証(車検証)を交付してもらうための検査です。人間に例えると、健康診断のようなもので、その検査をする日のクルマのコンディションをチェックするというものです。検査には新規検査、継続登録、予備登録などがあります。新車の場合、新規検査を行うと車検の有効期間は初回が3年で、その後は2年ごとに車検を行います。
中古車の場合、前回継続検査を受けた日から有効期間が2年なので、車検が残っているクルマに関しては、購入した日から2年ではないことは覚えておくと良いでしょう。

車検は8項目の検査を行う

車検は、各都道府県にある運輸支局(車検場)や国土交通省の指定を受けている自動車整備工場(指定工場)などで行われます。検査の内容は8項目あります。

(1)車検証や申請書類の記載内容と車両が同じであることを確認する同一性の確認

(2)自動車の外観(車体やヘッドライトなどの灯火類)に問題がないかどうかを確認する外廻り検査

(3)サイドスリップ検査。これは大きなローラーに前輪タイヤを載せて横滑り量(直進安定性)を確認します。

(4)そして前輪、後輪そして駐車ブレーキの制動力を確認するブレーキ検査

(5)実際の速度と速度表示機器との誤差を確認するスピードメーター検査

(6)ヘッドライトの明るさ(光量)と光軸(照らす方向)が基準値内であるかどうかを確認するヘッドライト検査

(7)排気ガスのCO一酸化酸素)とHC(炭化水素)の濃度を確認する排気ガス検査

(8)最後がハンドルなどの舵取り装置やオイル漏れをなど車両下部の不具合を確認する下廻り検査となります。


スムーズに行えば、全工程で15分程度で終わってしまいます。
もう、お気づきの人も多いと思いますが、車検はクルマの現在の状態を確認するものであって、2年後の車検までのコンディションを保証するものではありません。極端な話をすれば、車検を通ったとしても検査場を出て壊れるなんてケースもあるからです。したがって、車検と定期点検はセットと考えると良いでしょう。

安心して乗るならプロの目によるチェックが必要

1995年6月までは、整備を行った後でないと検査を受けることができない前整備、後検査方式でした。しかし1995年7月に車検制度の改正があり、前検査、後整備もOKとなったのです。
この改正は、ユーザ−がきちんとした車両の管理責任をとることを前提とした規制緩和なので、ユーザーは自己責任で法定点検や日常点検をしなければなりません。しかし、多くのユーザーはクルマの車検や整備、オイル交換などのメンテナンスはどこに行けば良いのかと迷ってしまうでしょう。

GooPit』の全国の自動車整備工場検索は、自宅の近所にある整備工場が検索できるだけでなく、実際に利用したユーザーのレビューも掲載されていますので、安心して利用することができます。

クルマのコンディションはユーザーのマメなメンテンスで変わります。
自分でできないという人はプロに頼ってみるのおをオススメします。


マイナビ学生の窓口 広告企画/株式会社プロトコーポレーション

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催