​危険な場所での釣りがなくならない理由は?

学生の窓口編集部004
2016/02/07
ニュース
あとで読む

​危険な場所での釣りがなくならない理由は?2月4日放送、「NHKニュース おはよう日本」(NHK)では、釣りのニュース。秋田県では、この時期、ハタハタが釣れる。ハタハタを目当てに県内各地の港が多くの釣り人で賑わい、活況となる。しかし、釣りが自由にできる港は限られている。そのため自由に釣りを楽しめない人もいるのだ。由利本荘市の漁港では、立入禁止の柵が設けられている。事故防止のためだ。だが釣り場所がない多くの人が勝手に入り込み、釣りを行っているのが現状。昨年は、県内の港で死亡した人、行方不明になった人が3人いた。そのうち2人は立入禁止の場所で釣りを行っており、危険性が明らかになった。

危険な場所での釣りがなくならないのには理由がある。それは釣り場の減少だ。国際条約では、12年前にテロ対策のために改正されたルールがあり、外国船が入る大きな港はフェンスで規制され、入れなくなった。釣り場が減少したことによって、やむなく危険場所での釣りをする人が増えた。そしてそれに伴う事故も増加した。よって別の港でも、事故防止のために立ち入り規制が強化され、少しでも事故を食い止めようとしている。

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「その他」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催