今すぐできる!カラダダメージを少なくするカップ麺の食べ方6つ 3ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

◆時間帯を選ぶ

最近「時間栄養」という考え方が注目され、時間帯によって体に吸収しやすい栄養素やその使われ方が変化するということがわかってきています。塩分について行われた実験では、同じ塩分量を含む食事でも、夕食の時間帯にとった時が最も多くナトリウムが尿に排泄されたそうです。

ですから、朝や昼より、夜の方が、塩分による体へのダメージを抑えることができそうです。とはいえ、あまりにも夜遅い時間帯になってしまうと、体内時計が狂ったり、肥満の原因になってしまいます。寝る3時間以上前、遅くとも21時くらいまでにしましょう。

簡単にできる方法を紹介しましたが、この中から1つだけでもいいですし、いくつか組み合わせて実行してみるのも良いでしょう。ただ、インスタント麺より、野菜や肉を買ってきて調理した方が、どれだけ体のためになるかは言うまでもありません。自分で調理したものなら、今回紹介したようなことに気を使わなくても美味しく食べることができます。

自分の体を守れるのは自分だけ、その体は食べ物から作られています。普段何気なく口にしている食べ物について、もう少し気にしてみましょう。

(文/NR・サプリメントアドバイザー 小浦ゆきえ)

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催