香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

学生の窓口編集部(S)
2016/02/08
ネタ・おもしろ・エンタメ
あとで読む

香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

香水をつけていたら、近付いてきた友人の犬に逃げられたことがあります。みなさんもそんな経験はありませんか? 「犬は人間よりにおいを嗅ぎ分ける力が優れています。犬にも香りの好き嫌いがあり、その犬は香水の香りが苦手な可能性があります」と話すのは、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長。今回は、「犬の嗅覚」に関する疑問について、詳しく聞いてみました。


■犬の嗅覚は、ヒトの100万~1億倍

――犬の嗅覚はヒトの1億倍発達していると聞いたことがありますが、これは本当でしょうか。

橋本獣医師 本当です。正確に言うと、犬がにおいを嗅ぎとる能力は、「犬が好むヒトを含めたほ乳類の汗のにおい」の場合で、人間の約100万~1億倍あるといわれています。ただし、犬種や犬の年齢、個体によって差はあります。犬もヒトも、鼻の中にある「嗅粘膜(きゅうねんまく)」でにおいを受け止め、嗅粘膜にある「嗅細胞(きゅうさいぼう)」がにおいを脳に伝えるセンサーの役割を果たします。嗅粘膜の表面積が広く、嗅細胞の数が多いほど、においを嗅ぐ能力は高くなります。犬の嗅粘膜の表面積は人間の10~50倍、嗅細胞の数は人間の20倍以上あると言われています。

――では、犬は人間が感じる100万~1億倍もの強烈なにおいを常に感じているということですか。

橋本獣医師 そうではありません。「犬の嗅覚がヒトの1億倍ある」と言っても、単純ににおいの強さが1億倍になるわけではないんです。においが1億分の1になっても嗅ぎ分けられる、ということです。

また、犬の嗅覚は、においの種類によっても変わります。犬は、ヒトの汗の成分の酢酸臭、尿に含まれるアンモニア臭には強い嗅覚を発揮します。一方で、花やニンニク、洗剤や薬品に含まれる人工の化学物質など、犬の生活にあまり関係のないにおいには、反応が鈍いと考えられています。それでも、ヒトよりにおい全般を嗅ぎ分ける能力が高いことに変わりはありません。

■香水、化粧品、アロマは、嫌がらないかどうかで判断を!

――犬を飼っている場合は、香水はつけないほうがいいですか。

橋本獣医師 犬にも苦手な香りがあります。犬が香水の香りを嫌がるようなら、つけない方が犬の負担が少ないでしょう。普段から香水をつけていて、犬が特に気にしていないようであれば、つけても問題ないでしょう。

――化粧品やヘアケア製品など、ほかに日常生活でにおいに関して気を付けることがあれば教えてください。

橋本獣医師 化粧品やヘアケア製品のにおいを嫌がっていないかは注意してください。室内犬の場合、芳香剤や防臭スプレーのにおいが苦手な場合もあります。また、ヒト用のシャンプーは、犬にとっては香りも肌への刺激も強すぎることが多いため、必ず犬専用のものを使うようにしましょう。

――室内で犬と暮らしている場合は、アロマをたくのも控えたほうがいいですか。

橋本獣医師 アロマテラピーで使う精油は自然の植物から抽出されているため、人工の香料に比べるとほのかに香るのが特徴です。例えば、ラベンダーやレモングラス、ゼラニウムなどの比較的刺激の少ない精油を使ってアロマディフューザーで香らせる、バスタブに入れるなどの一般的な方法で楽しむならば問題はないでしょう。もちろん、犬が嫌がるようなら止めてください。
ただ、精油の成分は呼吸器からも入ってくる、犬がヒトの手についた成分をなめる場合もあります。アロマをたく際は、成分分析表が付いている精油を選び、農薬や防腐剤の成分が「検出されなかった」という結果が表示されていることを確認しましょう。

――最近は、ドッグアロマセラピーが広まっているようですが、犬も香りの作用でリラックスやリフレッシュをするものなのでしょうか。

橋本獣医師 アロマテラピーは、犬の心身の健康にさまざまないい効果をもたらすことが期待できます。ただし、精油を犬の体に使う場合には、健康状態の確認やパッチテストが必要なので、アロマの知識を持つ獣医師に相談することをおすすめします。また、好きな香り・苦手な香りは犬によって異なり、好みを尊重することが大切です。わたしが院長を務める動物病院では、カウンセリングを行った上で体質や目的に合う精油を選び、犬自身がその香りを気に入るかどうかをチェックしてから調合します。

――ありがとうございました。

犬の嗅覚が優れているとは聞いていましたが、予想以上に鋭いこと、またその分、繊細であることが分かりました。犬が周囲のにおいをどのように感じているのかを想像し、犬にとってなるべくストレスが少ない環境を整えていってくださいね。
(日暮ふみか/ユンブル)

取材協力・監修 獣医師:橋本理沙氏。
動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)医院長。所属学会は日本伝統獣医学会(獣医東洋医学会)、日本動物リハビリテーション学会、日本獣医動物行動研究会。また、「ペット・メディカルアロマテラピスト」「ホリスティックケアカウンセラー」「JAHA認定パピーケアスタッフ養成講座修了」などの資格を有し、ホリスティックセラピーを取り入れた治療も行っている。 http://www.rire-r.com/

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催