射撃の十傑にも選出! 明治大学体育会射撃部の一流スナイパーに競技の魅力について聞いてみた! 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■アスリートと学業の両立の難しさ、大切さを学ぶ

――高校時代から射撃をされていますが、射撃を通して学んだことはありますか?

嘉山さん 射撃を通して、アスリートとしての生き方と学業とを両立することの大切さを学びました。人間はピンチになったときにいつもの自分が出てしまうものです。いつも遅刻や寝坊をする人は試合当日にも同じことをしてしまう可能性がありますし、いつも妥協をしている人は最後の撃発のときに妥協して撃ってしまい、外して入賞を逃すことがあります。

そうならないためにも日々の生活習慣が競技に結び付くものだと考えて行動しています。後々の「1点」を日々の生活で稼ぐイメージです。競技に合わせた生活をしていると試合のときでも日常をその場に再現でき、リラックスして挑むことができます。

――普段の日常の中でも競技を意識してメンタルを練っていくということですね。

嘉山さん そうですね。ただ、競技だけでは偏った考え方になってしまうので、学業を通して知識や考え方をバランスよくする必要があると思います。自分は大学で機械工学について学んできました。興味のある分野でしたので、進んで学びましたが、やはり忙しく大変な時期もありました。そこで頭の切り替えを強化しました。実験や研究をしているときはその分野の頭に、練習しているときは射撃の頭に切り替え、うまく頭を制御しました。こうすることで試合中に流れが変わって、集中が切れたときにもうまく切り替えていき、乗り越えることができました。

――集中が途切れたときこそ、頭を切り替えることが重要といえます。

嘉山さん 他にも、学業で知識を得ることで幅の広い考え方ができて柔軟な対応ができるようになりました。競技を頑張れるなら学業も頑張れるはずです。文武両道こそがアスリートだと思っているので、自分なりに頑張れていると思っています。

■年齢関係なく対等に戦えるのが面白い!

――射撃の魅力はどんなところでしょうか?

嘉山さん 射撃の魅力は、「的に狙って撃つだけの単純さの中に強靭(きょうじん)な精神力や頑強な体力が必要なところ」だと思います。射撃は動きがなく、見る人からしたら簡単そうに見えます。しかし外見からは想像できないほどの緊張や葛藤があります。力をいっぱいに込めるのではなく、むしろ脱力しなくてはならない競技です。静寂の中、自分のリズムで、リラックスしながら淡々と実力を出す、という点に他のスポーツにはない魅力があると思います。

――「脱力」がメーンというのは確かに独特の魅力ですね。

嘉山さん 戦う相手が自分自身であることも魅力です。自分に勝てば結果的に試合で上位にいけますし、途中で諦めて自分に負けたらそこで試合は終わります。60発、120発ある中、たった1発で順位が変動し勝敗が分かれます。自分自身に勝ったものだけが結果を得られる競技なのです。

――射撃の「ここが面白い!」と思う点はありますか?

嘉山さん 射撃の面白いところは「生涯スポーツ」といわれていて、年齢層の幅広い競技であるところです。下は小学生から、上は高齢の方々まで、誰でもいつでも始められます。さまざまな世代の人たちと射撃について意見交換ができ、コミュニケーションを取ることができます。そして、年齢関係なく対等に戦うことができます。先輩、コーチ陣や教え子と競い合ったりできる数少ないスポーツだと思います。

■目標は東京オリンピック!

――今後の展望を教えてください。

嘉山さん 社会人になっても射撃競技を続け、現在よりもさらに上を目指していきたいと思っています。当面の目標は東京オリンピックに出場してメダルを掲げることですが、この競技はいくつになってもできる生涯スポーツですので、その先のオリンピックやワールドカップでも活躍していきたいです。また、現在は高校の射撃コーチもしているので、現役で続けながら若手の育成などに尽力したいと考えています。

――読者の大学生、また大学入学前の高校生、中学生にメッセージをお願いします。

嘉山さん 自分は運動経験も射撃の才能もありませんでしたが、競技に対する向上心と努力で結果を出してきました。才能がある、ないを言い訳に努力することを怠らないでほしいです。努力してきた経験と力は裏切ることはありません。努力しても報われないと思う人はまだまだ努力が足りない証拠です。結果が出せる人はそういうときほど我慢してコツコツと練習をしています。自分も学生日本一になるまで何十回も決勝で負け続けました。あと0.1点で負ける、最終弾で順位が変わって二位になるなど悔しいことだらけでした。

しかしそこで諦めず、勝った瞬間をイメージしながら練習を続け、日本一になったときは本当にうれしくて、感動して、思わず叫んでしまうほどでした。こんなに喜べるのも努力を惜しまずやってきたからだと思います。本気で努力すれば人生が変わります。何もしなかったことを後悔したり、人をうらやましく思うのであれば、自分がそういう人になる努力をしてください。今からでも遅くありません。これから人生を変えていきましょう。

――ありがとうございました。

射撃はメジャーなスポーツではありませんが、年齢、運動経験関係なく始められ、競い合えるスポーツです。嘉山さんによると、「各射撃場で体験射撃をやっていると思いますので、一度射場に来て、体験してみてください」とのことです。興味のある人は、一度体験してみてはいかがでしょうか。

写真提供:明治大学体育会射撃部

(中田ボンベ@dcp)

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催