預けるべき? 連れて行く? 獣医師が教える、家族で遠出するときのペットのベストな対応法

学生の窓口編集部MI
2016/01/18
新生活
あとで読む

預けるべき? 連れて行く? 獣医師が教える、家族で遠出するときのペットのベストな対応法

ペットを飼っている人にとって、家族全員で帰省や旅行をする際、ペットをどうするかということは大きな悩みのタネです。預けるべきか、連れて行くべきか、預けるとしたらどんなペットホテルがいいかなど、疑問がつきません。そこで、家族で遠出する際のペットの対応について、獣医師でとよす動物病院(東京都江東区)の矢野貴之院長に聞きました。

■留守番時には、自動餌やり器・給水器の利用を

まず気になるのが、ペットに留守番をさせても大丈夫なのかということです。もしさせるとしたら、何泊ぐらいまでなら可能でしょうか。

「家族の留守中に、ペットが食事と水分補給と排泄ができるよう環境を整えられれば、理論上は何泊でも問題ありません」と矢野獣医師。その上で、次の注意点を指摘します。

「現実としてはトイレの処理ができないという衛生上の問題があり、食事や水の量にも限りがありますので、2泊以上の長期の留守番は避けたほうがいいでしょう。特に犬は、数日分の食事を一度に食べることがあるので、何日分かを置いて出かけても、すぐになくなることがあります。

一般的には、犬でも猫でも、1泊までなら留守番、2泊以上なら知人やペットホテルに預けるか、いっしょに連れて行くというパターンが多いようです。やむを得ず2泊以上の留守番をさせる場合は、タイマー付きの自動餌やり器や自動給水器を利用することをおすすめします」

■ 行き先の環境や移動時間を考慮する

続いて、どこかに預ける場合と連れて行く場合のそれぞれに気をつけるべき点について、矢野獣医師はこう説明します。

「まず預ける場合は、ペットが預け先に慣れていて、散歩やストレス発散ができる環境であれば、預ける期間が2泊以上の長期になっても大丈夫でしょう。

ただし、よく散歩をするペットや普段は大きな部屋で生活しているペットが、室内や小さなケージの中で長時間過ごすと、食欲が落ちる、元気がなくなることもあるので、その場合は慣れている知人の家や、散歩サービス付きで広い個室があるペットホテルを選びましょう。

一方、いっしょに連れて行く場合は、行った先で自宅と同様に世話ができるのであれば、何泊でも大丈夫です。ただペットは、環境が変われば体調を崩しやすいため、かかりつけの獣医師と連絡が取れるようにしておくことや、現地の動物病院を探しておくことも必要でしょう」

預けるのと連れて行くのとでは、ペットにとってどちらがいいのでしょうか。

「行き先の環境によります。家族と離れることで、ペットが体調を崩すと予想できる場合は、連れて行くほうがいいでしょう。しかし、移動時間が長い場合や、環境が大きく変化する場合は、よく知っている場所に預けましょう」(矢野獣医師)

次のページ獣医師が教えるホテル選びのポイントとは!?

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催