感動で、悲しみで……思わず涙があふれる漫画10選

学生の窓口編集部
2016/07/08
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. ■海街diary:吉田秋生
  2. 医療漫画のおすすめ!
  3. 矢沢あいの傑作!

感動したり、主人公の境遇に共感しすぎて悲しくなったり……読んでいて、恥ずかしいくらい涙が溢れるような漫画はとても多くあります。読者が涙が流せるほどに没頭できる作品ってやっぱりすごいパワーを持っていますよね。今回はそんな名作を10つご紹介します。

■海街diary:吉田秋生

綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんにより映画化もされ、タイトルだけは聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか? 第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞したとても評価の高いマンガです。しっかり者の長女・幸(さち)と酒好きで年下の男性が大好きな次女・佳乃(よしの)、いつもマイペースな三女・千佳(ちか)の三姉妹の家族物語です。

神奈川県の鎌倉を部隊に描かれる家族の絆の物語というあらすじをみると、少し退屈なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、そんなことありません! 実ははもう一人異母妹がいたということが父の死により発覚し、さまざまな問題を姉妹で解決し、乗り越えていきます。3人の血の繋がった姉妹と、異母姉妹にあたる浅野すずが若い女性ならではの悩みをたくさん抱えたまま、一緒に生活しながら姉妹がそれぞれに成長をしていく姿は涙なしでは読むことができません。家族がもう一度一緒に暮らすことにより、父の印象や思いが変わっていく様もとても見応えがありあす。自分の家族に照らし合わせながら、なんだか家族に優しくしたくなる気持ちにさせてくれる漫画です。

作者:吉田秋生
出版社:小学館
掲載誌:月刊フラワーズ
連載開始:2006年8月
巻数:既刊6巻(2014年7月現在

■夕凪の街 桜の国 :こうの史代

1945年8月6日に広島を焼け野原にした原子爆弾、そこから復興を果たし、世界的にも代表的な平和都市広島に済んでいる被爆2世である女性が主人公となっています。 原子爆弾はその瞬間に熱風やがれきなどで人を殺しただけでなく、その後も後遺症で苦しまされている人がとても多くいます。それを目の当たりにしてきて被爆2世の主人公が現実にぶちあたりながらも幸せに生きていく様が描かれています。

原子爆弾をテーマにした漫画は多くありますが、絵のテイストもとても読みやすくかわいらしいのが特徴です。原子爆弾の生々しい絵は少ないので、平和や原子爆弾の被害について学びたいという初心者の方にもおすすめの本です。今の日本では戦争は身近なものではないですが、世界各地では戦争がたくさん起きている、とても平和とは言えない地域もあります。そんなときだからこそ、日本で起きた戦争について、その被害がどれだけ平和に暮らしている民間人に暗い影を落とし、後世にまで悲しい出来事を生んでしまう現実を知る必要があります。はるか昔の出来事ではなく、70年前の、被爆2世・3世は今もさらされている現実の問題がそこにはあります。その中での幸せと平和の尊さには感謝の気持ちの涙が溢れることは間違いないでしょう。

作者:こうの史代
出版社:双葉社
掲載誌:WEEKLY漫画アクション
発売日:2003年9月
巻数:全1巻

■うさぎドロップ:宇仁田ゆみ

血の繋がらない21歳差の二人の生活をコミカルに描いた作品。主人公ダイキチは祖父の隠し子であるりんを育てることになり、6歳と27歳独身男性の奇妙な、でもほっこりする生活が始まります。
この漫画はテレビアニメ、映画化もされていてとても人気のある作品です。30歳のダイキチはタバコをやめ、育児に奮闘をします。結婚もしていないのに急にパパとなり、子育てのために仕事の内容が変わったり、生活にも変化が出てきます。りんの実母が現れたり、保育園のママたちとの交流のなかでいろいろなことが起こったりと毎日が波乱万丈。血は繋がらないながらも二人は一生懸命に生き、愛情も生まれます。

日常的ではない設定ではありますが、見ていると、家族に対しての想いや、今の自分の環境と重ね合わせ共感する部分も多いのではないでしょうか? 子どもを生んでないのに急にパパになるダイキチの苦悩と努力を見ていると自分の環境を冷静に見つめつつも、明日もまたがんばろう!とポジティブな気持ちにさせてくれる漫画です。

作者:宇仁田ゆみ
出版社:祥伝社
掲載誌:FEEL YOUNG
連載開始:2005年10月
巻数:本編全9巻 番外編1巻

■ワンピース:尾田栄一郎

日本で最も売れている漫画です。少年ジャンプで連載され、日本の漫画で最高の3億2000万部を突破しているギネスにものるほどの売上を誇ります。海外でも人気が高く、コスプレをする外国人も多くいますね。

男の子向けの冒険漫画だと思っている人も多いでしょうが、それだけではありません。主人公は航海の途中で仲間を増やしていきます。その一人一人に色々な過去があり、その過去の呪縛や不安から主人公ルフィは仲間を救っていきます。母親を殺された航海士、恩師を裏切ってしまった医者、自分の国を守るために命を差し出す王女、などさまざまな窮地に立たされた仲間たちを助けるためにルフィは命をかけて戦います。ルフィや仲間の一人であるウソップが、人だけではなく、航海の友である船に対して熱い気持ちをぶつけるシーンは名シーンとして有名ですね。せつなくなるほどにまっすぐな彼らの冒険は見る人の心を捉えて離しません。

作者: 尾田栄一郎
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:1997年
巻数:既刊79巻(2015年10月現在)

次のページ医療漫画のおすすめ!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催