強いメッセージ性に心打たれる! 泣けるおすすめ映画10選

学生の窓口編集部
2016/07/22
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. ■「そして父になる」
  2. 親子の絆に感動! この作品
  3. 刑務所を舞台に描かれた名作!

涙は最高のデトックスと言われているのはご存知ですか?いつも泣いてばかりいるのはよくありませんが、たまには思いっきり泣いてみるのも、心の中がすっきりするのでおすすめです。今回は感動や切なさで涙があふれる映画を10選紹介します。

■「シンドラーのリスト」

1939年9月、ポーランドはドイツ軍の侵略を受け占領されます。ユダヤ人の迫害を政策としているナチス党政権によって占領下におかれたポーランドの都市クラクフでは、クラクフに住むユダヤ人たちを強制移住させます。そんな状況のクラクフに、オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)というドイツ人実業家が、戦争を利用して事業を起こすことにします。潰れた琺瑯用器工場を買い取ったシンドラーは、労働力を安く抑えるために、ナチス親衛隊に取り入って、強制収容所に収容されたユダヤ人たちを労働力として雇い入れます。はじめは自分の儲けしか考えていなかったシンドラーですが、工場に働くユダヤ人たちと接することで、次第にナチス党政権の政策に疑問を抱きはじめ、リストの作成を決意するのでした。 ユダヤ人のホロコーストがナチス党政権下のドイツ占領地で進む世中において、実在したドイツ人実業家であるオスカー・シンドラーが1100人以上ものポーランド系ユダヤ人の命を救った話を映像化した作品です。特筆すべきは映像がほぼ全編モノクロ作品であることです。モノクロ映画ですから、殺されるユダヤ人の血の色は黒く見えるはずなのですが、何故か赤く見えるくらい、当時ユダヤ人が置かれた過酷な状況をリアルに描いています。自分の良心と自らの安全との間で板挟みになりつつも、少しでもユダヤ人たちの命を助けようとするシンドラーの姿は胸を打ちます。

公開 アメリカ:1993年12月15日 / 日本 1994年2月26日
監督 スティーヴン・スピルバーグ
主演 リーアム・ニーソン

■「そして父になる」

エリート建築家の野々宮良多(福山雅治)、みどり(尾野真千子)夫婦は、一人息子の慶多と3人でどこにでもある、幸せな日々を送っていました。ところが、ある日、慶多を出産した田舎の病院から呼び出しを受けます。病院に着いた2人が聞かされたのは、実は慶多は自分たちの子ではなく、別の夫婦の子どもで、本当の子どもは別の夫婦に育てられている、つまり、同じ日に生まれた子ども同士が取り違えられたという衝撃的な話でした。ショックを受ける2人。今まで慈しんで育ててきた子どもが実の子どもではないという衝撃に、どうしてわからなかったのかと良多は妻を責めます。実の子どもと6年間愛してきた他人の子ども、2組の家族は本来の姿を取り戻すべくお互いの家に子どもを泊まらせるミッションをスタートするのでした。

6年間実子として育ててきた子どもがもし自分の子ではないとわかったら?という非常に難しいテーマに臨んだ本作品は、家族の絆をじっくりと考えるいいきっかけになる映画です。良多はこの事件が発覚するまでは、父であって父ではありませんでした。仕事が忙しく、家族のことを顧みることが少なかったからです。そして自身も子どもの頃から愛情を受けて育てられた思い出が少なく、自分も息子にどう接すればよいのかわからなかったからです。2組の家族はどんな結論を下すのか、最後まで家族の、親子の絆に目が離せません。

公開日 2013年9月28日
監督 是枝裕和
主演 福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー

■「ただ、君を愛してる」

大学生の誠人(玉木宏)は幼い頃からの病気のために、腹部に長年塗り薬を塗っていました。その薬は無臭なのですが、誠人はコンプレックスからか薬が臭いと思い込んでおり、臭いと思われたくないという気持ちから上手く人付き合いが出来ずにいました。大学入学式の当日、誠人は信号がない横断歩道を渡れずに困っている少女・静流(宮崎あおい)に、押しボタン式の信号を教えます。いつしか仲良くなった2人は森に写真撮影に出かけるのですが、誠人のことを好きになっている静流とは対照的に、誠人には別に気になる人がいるのでした。そんな時、静流は誕生日プレゼントとして誠人にキスを願った後、姿を消します。それは静流にとって「生涯でただ一度のキス、ただ一度の恋」であることを誠人は気づいていませんでした。

とにかく宮崎あおい演じる静流が不思議な存在感のある少女を演じているのが魅力的な映画です。顔はいいのにコンプレックスの塊だった誠人が、静流と出会い仲良くなるうちに他人と関わりを持てるようになっていく様子も見どころです。誕生日プレゼントにキスをねだった静流。誠人はその願いをかなえるのですが、静流はその後姿を消してしまいます。カメラマンとしての修業を続けながら静流を探す誠人の元に、ニューヨークの静流から手紙が来るのですがそこに待っているのは切ない結末でした。大塚愛の主題歌「恋愛写真」も映画にマッチしていて胸に響きます。人を「ただ愛したい」そう感じさせてくれる映画です。

公開 2006年10月28日
監督 新城毅彦
主演 玉木宏 / 宮崎あおい

■「永遠の0」

大学生の佐伯健太郎(三浦春馬)と姉の慶子(吹石一恵)は、亡くなった祖母松乃の四十九日があけてしばらくしたある日に、祖父賢一郎から実は自分は血がつながっておらず、実の祖父は別にいることを伝えられます。2人の母清子は、祖母が最初に結婚した男性との間に設けた子だったのです。その男性は、第二次世界大戦の終戦間際に特攻で戦死した海軍航空兵・宮部久蔵(岡田准一)であることを知らされます。祖母の死より6年後、司法浪人として目標を失いかけていた健太郎を、姉の慶子は終戦60周年記念プロジェクトのアシスタントとして連れて、特攻隊員であったという祖父について調べることにします。2人は少ない情報から自分たちの祖父の足取りを探し始めるのですが、祖父を実際に知る人達の口から聞いたその姿は、あまり芳しいものではありませんでした。

百田尚樹さんの同名の小説を映画化した作品です。旧日本海軍の零戦二一型の原寸大模型を制作したり、現存する零戦からエンジン音を収録したものを使用したりと、当時の零戦の再現に徹底的に拘って作られています。壮大な戦闘シーンも見どころの一つですが、何よりもその極限状態における人間の心理描写が本当に見事に描かれています。自分たちのルーツである祖父の姿は、はじめ臆病者と罵られたりするなど、中々辛い現実を2人の姉弟は目にすることになるのですが、深く調べていくうちに、真実の祖父の姿がわかっていく過程は素晴らしいの一言です。生きたくてもそうできなかった、出来たはずなのに生きる道を選ばなかった理由に心を深く揺さぶられます。

公開日 2013年12月21日
監督 山崎貴
主演 岡田准一 / 三浦春馬

次のページ親子の絆に感動! この作品

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催