占い師が教える! お守りや御札を本気で効かせる方法

学生の窓口編集部
2015/12/17
入学準備・新生活
あとで読む


神社の御札やお守り、買ったことってありますか? 縁結びから受験合格、商売繁盛までさまざまなご利益を期待して神社に参拝したとき、願掛けの一環として購入することもありますよね。ただ、意外と“正しい効かせ方"を知らない人は少なくありません。占い師・真木あかりが、効かせるコツをご紹介します。

★その「縁結び」、意味ないかも!?

もっともよく見かけるのが、縁結びに関する勘違い。縁結びで有名な神社に参拝して、おみくじを引いて、縁結びのお守りを買って「彼氏ができますように!」……って、これは大きな間違いです。

縁結びはもともと、特定の相手がいるときに祈願するもの。これから出会いを求めている人がお願いしても、神様としても「!?」となってしまいます(そこまで意地悪でもないと思いますが・笑)。

焦点がズレたお願いごとをしても、意味はありません。すでに相手がいる人が、さらなる絆を願うなら縁結び。これから出会いたい人なら「良縁祈願」あたりをお願いするようにしましょう。

★お守りは常に身につけるもの

お守りを机の上に飾っておいたり、引き出しの中にしまっておく人がいますが、これもあまり意味のない行動です。というのも、お守りは本来、身につけて持ち歩くことでご利益をいただくもの。いってみればモバイル形式の神社なのです。せめて毎日使う鞄や、ポーチなどに入れて持ち歩くようにしましょう。もちろん、入れる場所はキレイにしておいてくださいね。特定のポケットをお守り専用にするのもオススメです。

★お守り・御札の期限は1年

「このお守り、学生時代からずっと大切に持っているんです」……という人がたまにいますが、これも間違った行動です。お守りの期限は1年。それが過ぎたら神社にお返しして、また新しいお守りを購入します。古いものをずっと持っていても、ご利益はありません。思い出もたくさんあるかと思いますが、コレクションして良いものでもありません(笑)。

1年が経ったら、感謝の気持ちとともに神社にお返ししましょう。気持ちも新たに、目標に向かって頑張ろうと思えるかもしれません。

★御札の正しいまつり方

御札を買って、さあ家に安置するぞ! というとき、やってしまいがちなのが机に置くこと。いつも目に入る場所に置いてご利益を……という気持ちもわかりますが、御札は基本的に目線よりも高いところに安置するものです。

安置する場所として理想的なのは、戸棚やタンスの上、鴨居などの高いところ。その際、暗くじっとりとした場所はNGです。明るく清浄なスペースを選び、白い布や半紙などを敷くと良いでしょう。もちろん、ホコリはよく払っておいてください。

マンションやオフィスなどでスペースがない場合、壁に直接貼っても問題ありません。ただ、このとき注意したいのが画鋲を使わないこと。穴を開けては失礼にあたるので、両面テープなどを使いましょう。

いかがでしょうか? せっかく大切な願いを託すのですから、しっかりと神様のご利益をいただきたいものですよね。みなさんに幸運が訪れますよう、心から願っています!

(文/真木あかり)


関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催