​バブル時代の遺物ゴーストマンションが売れに売れているお値段50万円で移住者続出

学生の窓口編集部004
2015/12/12
お金
あとで読む

​バブル時代の遺物ゴーストマンションが売れに売れているお値段50万円で移住者続出12月10日放送、「所さん!大変ですよ」(NHK)では、バブル時代のリゾートマンションに住む人たち。

舞台は新潟県湯沢町。バブル期に多くのリゾートマンションが建設されたが、バブルが弾けると売買が行われなくなり、地元民にはゴーストマンションと呼ばれるように。だがここ5年で、そうしたマンションがなんと1000戸以上売れているという。

湯沢町のリゾートマンションが売れており、中でも苗場地区ではここ5年で住所を置く人が倍増したという。2部屋で70万円ほどで買えるといい、公務員を退職した男性が購入。また、画家の男性は妻と別れて5年前に越してきた。100万円なら買えなかったが50万円だったので飛びついたという。年金などを頼りに苗場での暮らしをスタートさせた。

周辺住民に話を聞くと、マンション住民は高齢者ばかり。孤独死もあるという。病院に搬送されても家族と連絡がつかないなど、問題点は多々ある。マンションは50万円ほど。

去年4月に大阪から移り住んできた男性は、数年前に同僚との関係がこじれて退職。実家に身を寄せたが父親に居場所を追われてこの土地に。会社員時代の貯蓄を切り崩して生活しているため、暖房もつけず、布団も前の住人のものを利用している。

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

「バイト・家庭教師」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催