夏の結婚式はジャケット必須? 二次会に招待された場合の男性の服装マナー

編集部:はまみ
2016/10/10
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. ●結婚式の服装: 夏のジャケットは?
  2. 「平服」でお越しくださいの本当の意味
  3. フォーマルな会場での理想的な服装は?

一年中いつでも招待されることがある結婚式。まだまだ残暑が厳しい日もありますが、夏の結婚式は、私服なら半袖でも暑いぐらいですよね。そんな中、二次会の服装って迷いませんか。冬ならスーツを着ればいいけど、夏の服装ってどうするんだろう? 半そでシャツで参加していいのかな? と、不安に思いますよね。今回はそんな、夏の結婚式二次会に招待された場合の男性の服装選びのコツやマナーを紹介します。

●結婚式の服装: 夏のジャケットは?


ルールという見方をすれば、二次会に関する服装のルールは特にありません。私服で参加もルール違反とはなりません。 結婚式に来なかった人も来る場ですし、基本的にご家族や会社の上司などは参加せずフランクな会として開催されるため、結婚式よりも敷居は低くなっています。だからといってラフな格好はかなり目立ってしまいます。

例えば
・半ズボン
・タンクトップかTシャツ
・サンダル、雪駄など
・ジーンズ
などで参加されることはおすすめできません。

逆にいえば、夏といえどもジャケットの着用は基本と考えてください。ジャケット必須ではありませんが、大半の参加者はジャケット着用で参加されるでしょう。あくまでも「結婚式の一環」ということを忘れずに心がけてください。

次のページ「平服」でお越しくださいの本当の意味

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催