寝ても寝ても眠いのはなぜ? 臨床内科専門医に対処法を聞いた

学生の窓口編集部MI
2017/06/20
健康
あとで読む

寝ても寝ても眠いのはなぜ?

寝ても寝ても眠い。のた打ち回るように起きたら、体は重く頭は痛い……、そんな経験はありませんか。実は、その「寝ても寝ても眠い」現象には、理由があったのです。臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長は、「すっきり起きられないのは、睡眠不足や疲れ、日ごろの習慣、病気など、何らかの原因があるはずです」と話します。症状や対処法について、詳しく聞いてみました。

▼寝ても寝ても眠いなら、こちらもチェック!
性格診断テストまとめ 隠された自分の性格が丸わかり!

■寝ても寝ても眠い……それは睡眠の質に問題あり! その原因を知ろう

寝ても寝ても眠い場合の原因について、正木医師はこう説明します。

「まず、前日の行動を振り返ってください。『夜ふかししていた』、『二日酔い』など、明らかに睡眠不足となることをしたときは気にする必要はありません。

睡眠時間が6~8時間と足りているにも関わらず、スッキリ起きられない、眠くてしかたがない場合は、睡眠の質に問題があると考えられます。『生活習慣』、『食生活』、『体質』、『病気』の面から原因を探りましょう」

ここで正木医師に、それらの面から考えられる「寝ても寝ても眠い原因」を挙げてもらいました。さっそく、次の項目をチェックしましょう。

<いくら寝ても眠い原因・生活習慣編>

(1)起床時間が毎日ばらばら
(2)運動をあまりしない。慢性的に運動不足
(3)深夜まで起きていることが多くて睡眠不足気味
(4)仕事や勉強で連日パソコン操作の時間が長い
(5)テレビやDVDを観る時間が長い
(6)寝る直前まで、テレビやパソコン、スマホ、タブレットを操作することが多い
(7)ストレスがたまっているように思う
(8)遅寝遅起きの生活で体内時計が乱れている
(9)休日に「寝だめ」しようと、平日と休日の睡眠時間の差が2時間以上ある
(10)日中は、眠くても昼寝をがまんする
(11)タバコを吸う

<いくら寝ても眠い原因・食生活編>

(12)寝る前にお酒を飲む
(13)寝る前に食事をする
(14)1日のお酒の量が多い
(15)夕方以降に、コーヒー・紅茶・緑茶など、カフェインを多く含むドリンクを飲む
(16)夕方以降にスイーツを食べる
(17)毎日、揚げものなど油っこい料理を食べる
(18)ごはん、パン、ラーメン、パスタなどの炭水化物をたくさん食べる
(19)毎日ケーキやまんじゅうを2つ以上など、スイーツをたくさん食べる
(20)野菜をあまり食べない
(21)水分をあまりとらない
(22)ダイエットを長期間している

<いくら寝ても眠い原因・体質編>

(23)冷え症・血行が悪い
(24)血圧が低い
(25)体温が低い
(26)女性は生理前・生理中
(27)原因がはっきりしない頭痛、肩こり、腰痛、目の疲れがある
(28)昼と夜の気温差が大きい春先、晩秋など季節によって体温調整が難しくなる

<いくら寝ても眠い原因・病気編>

(29)風邪ぎみである
(30)寝ているときに呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群
(31)(30)以外で日中に異様な眠気が連日続く睡眠不足症候群
(32)睡眠リズムが乱れる睡眠障害(ナルコレプシー)
(33)ホルモンの分泌が乱れる甲状腺の病気
(34)収縮期血圧(上)が100以下の低血圧
(35)脳こうそく、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病
(36)うつ病

いかがですか、何らかの自覚症状はありましたでしょうか。寝ても寝ても眠い現象の対策として正木医師はこうアドバイスをします。

「まず、これらのうちで思いあたる項目に注意し、改善するようにしましょう。

次のページ内科専門医が教える「寝ても寝ても眠い」の具体的な対処法は?

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催