『がんばれゴエモン』のゴエモンがどれだけ頑張ったのがシリーズ全作を格付けしてみた! 3ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●『がんばれゴエモン~宇宙海賊アコギング~』

プレイステーションで最初のゴエモンシリーズです。本作ではゴエモンたちは地球の宝を狙う宇宙海賊アコギングと戦います。本作はボスまでたどり着くまでが長く、またそのボスも強敵で長期戦になります。しかもこれまでのシリーズにあった2人同時のプレーができません。そのため非常に難易度が高い作品として有名です。ゴエモンも相当苦戦したことがうかがえます。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●『それ行けエビス丸 からくり迷路 消えたゴエモンの謎!!』

行方不明になったゴエモンを捜すために、エビス丸が奮闘する、という作品。ストーリーでも分かるように、本作ではゴエモンは行方不明。あんまり頑張っていません。

・頑張った度……☆

●『がんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり~』

ミュージカルスター・春風弾神が率いる謎の組織「ネオ桃山幕府」が、日本全土を舞台にするために暗躍。ゴエモン一行はこの野望を阻止するために立ち上がる……というストーリーのゴエモンシリーズ。未来や宇宙に比べると規模も小さく、難易度も大幅に低くなっています。頑張った度は低め。

・頑張った度……☆☆☆

●『がんばれゴエモン 黒船党の謎』

ゲームボーイ用のゴエモンシリーズ2作目。突如現れた「黒船党」と名乗る盗賊団を懲らしめるためにゴエモン一行が立ち向かうことになります。本作は全5面とボリュームが少ないにもかかわらず、シビアでイライラする難易度。ミニゲームステージはワンミスでおしまいになる鬼畜さでした。ゴエモンも相当頑張らされたはずなので頑張った度は高めです。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン~でろでろ道中 オバケてんこ盛り~』

物知り爺さんに呼ばれたゴエモン一行は、そこで死者を生き返らせることのできるマシンを披露されます。しかしその実験中、何者かが装置を奪い逃走。悪用されるのを防ぐためゴエモン一行は行方を追うことになり……。本作は初期のライフ設定が低いことや、崖がジャンプ幅ギリギリなことなどにより、とにかく難しいことで有名。ストーリーうんぬんよりもその難易度一発で頑張った度はMAXです。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン~来るなら恋! 綾繁一家の黒い影~』

連れ去られたおみっちゃんを取り戻すためにゴエモン一行が奮闘する作品です。シナリオのボリュームが少なく、またシナリオも単調。それでいて戦闘の難易度は高いというアンバランスさ。ゴエモンたちは短い間にこれでもかと頑張らされました。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン~天狗党の逆襲~』

ゲームボーイで発売されたRPG。現代世界に住む少年が過去と現在を行き来できるようになり、過去の世界と出会ったゴエモンたちと冒険をします。低年齢層をターゲットにした作品で、難易度はかなり低め。ただ敵との遭遇率が高い、戦闘が長引くなどのマイナス要素があります。少年のお守りもしないといけませんし、ゴエモンの頑張った度は意外と高めです。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン~もののけ道中 飛び出せ鍋奉行!~』

こちらはゲームボーイカラー用ソフトとして発売されたRPG。ゴエモンたちは「地獄の鍋奉行」の存在を復活を阻止するために奮闘します。本作では「もののけ」という助っ人と一緒に冒険することになります。もののけは育成することで強化したりできるため、その育成要素が評価されました。まあ「ポ○モン」ですよね(笑)。ゴエモンはトレーナーとして頑張りました。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン~星空士ダイナマイッツあらわる!!~』

地球征服をたくらむ謎の宇宙人「星空士ダイナマイッツ」の襲来によって、ゴエモンは楽しみにしていたイベントをつぶされます。怒りに燃えるゴエモンはダイナマイッツを倒すために立ち上がり……。『がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』のような横スクロールアクション。難易度は低く、ゴエモンの頑張り度はまあ可もなく不可もなくといったところです。

・頑張った度……☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン~大江戸大回転~』

行方不明になった姫を追って冒険するストーリー。作中では「リサイクル」がブームになっており、そのためゲーム展開も過去作品に登場したボスやステージが「リサイクル」されています。難易度はやや高めで、ゴエモン一行は過去のボスたちと何度も戦うことになるため、かなり頑張ったと判断できます。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆☆

●『がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻』

ニンテンドーDS用ソフトとして発売された作品。本作ではゴエモン一行が「Mr.五右衛門」を名乗る盗賊団を追って冒険します。その旅程は江戸から京まで。初期の作品をほうふつとさせるような仕上がりになっています。舞台は東海道なので、これまでほど労力はかかっていませんが、操作性が悪いことで難易度が上がっています。そのため頑張った度はやや高めです。

・頑張った度……☆☆☆☆☆☆

『がんばれゴエモンシリーズ』各作品の「頑張った度」を勝手に判定してみましたが、特に高い頑張った度だった作品は、

・『がんばれゴエモン~宇宙海賊アコギング~』

・『がんばれゴエモン~でろでろ道中 オバケてんこ盛り~』

この2作品。もし機会があればプレーしてみてください。最高の頑張った度がどれほどのものか味わうことができますよ(笑)。

(中田ボンベ@dcp)

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催