カタチにするのが大切! 彼女との思い出を残すためにしておきたいこと5選

学生の窓口編集部
2015/12/02
恋愛
あとで読む

彼女とせっかく楽しい時間を共有したのに、その思い出を忘れてしまってはもったいないですよね?今回は、彼女と一緒に過ごした思い出を忘れないためにしておきたいことをご紹介させていただきます。これをしておけば、二人の楽しい思い出が色あせません。あなたの頭の中で記憶として残ってくれます。

■写真に残す

スマートフォンや携帯電話が普及され、身近で気軽に写真を撮れる時代になりました。沢山残せば残すほど、後から見返したとき懐かしんだり、楽しかった思い出話に花が咲きます。中でもオススメなのが、二人のラブラブな写真です。やはり他人に撮ってもらうのは気恥ずかしいので、上手な自撮りテクを身につけたり、セルフタイマーを使って写真を撮りましょう。上手に写真を撮る方法として下記があげられます。1.明るい場所で撮影する。肌がきれいに写り華やいだ雰囲気になります。2.20度斜め上から写真を撮る。3.用途に合ったモードで撮影する。(夜景なら夜景モード、ホワイトバランスを上手に利用するなど。)また、どうしても上手に撮れなかった場合は画像修正、加工アプリが多く出回っているので利用してみましょう。4.一枚でも多く撮影しておく。出来るだけ多く撮影しておけばお気に入りの一枚がみつかるはずです。

■動画に残す

より鮮明に思い出を残したかったら動画も効果的です。二人が話している声を残したり、アングルを考えて撮影したり、ズームを使うなど小技のきいた動画が撮影できれば尚楽しめます。1回完結のカメラ教室などで腕を磨いておくのも、今後ずっと役立ちます。二人でそのとき聴いていた思い出のBGMを付ければより思い入れが強い動画になります。動画を取り込みすぐに再生できるようなフォトフレームがあれば、利用しましょう。二人の生活空間で流せばその都度、思い出が蘇りますよ。

■お揃いのものを持つ

人からプレゼントされたものを見ると、そのときのことを思い出しませんか?例えば大事な人から誕生日にプレゼントされたものを見るたび、そのときのことや、その人のことを思い浮かべ考えたりします。二人でお揃いのものを持つと共有しやすいです。思い出の地で購入したキーホルダーやマグカップなど日常生活に取り入れやすいものがオススメです。また、お揃いのブレスレットや時計、指輪などを身につけられるものは二人が離れていてもいつでも目に留まり、その時の時間が心に刻まれます。

■文章にして残す

SNSやブログはもちろん、手書きの日記などに自分がそのときに感じたこと、思ったこと、体験したことなどこと細かく文章にして残しておくとそのときこう感じていたのだという記憶が蘇ります。そして、お気に入りの写真や動画などと共に一筆添えておけばより具体的にどうだったのかを再度、体感できます。

■思い出の場所を作る

毎週二人で通ったお気に入りのカフェ、よくデートで訪れたレストラン、何度も訪れた旅行先、買い物に利用していたスーパーやコンビニなどその場所自体が思い出になります。また、なかなか行けない場所も時間が経って次に訪れたとき、二人で過ごした時間を回顧できます。思い入れのある場所を二人で作っておくと記憶されやすく、その都度懐かしむことも出来ます。

写真や動画も撮らず、文章にも残さないとなるとその時過ごした時間の記憶が段々薄れてきます。せっかく二人で作った楽しかった時間と思い出を忘れてしまうのは勿体無いことです。今からでも遅くはありません。これから思い出に残ることをたくさん増やしていけば良いのです。今回ご紹介させていただいた5つの方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催