男性必見! 彼女に「夜景デート」をおねだりされたら考えたいこと

編集部:はまみ
2015/11/30
恋愛
あとで読む

ロックスター12

あなたは夜景に興味がありますか?そう問われて、即答で「YES!」と言える男子は少ないことでしょう。ですが、その反面、女の子は夜景が大好き。屋外でのイルミネーション、高層ビルから眺める摩天楼、果てはディズニーランドのエレクトロニカルパレードに至るまで……とにかく、光っていればなんでもいいのか?というくらいに愛してやみません。今回は、付き合っている彼女に夜景デートに行きたいと言われた時、男性に知っておいて欲しい女性の心理をご紹介します。
■食い違う、女子と男子の夜景に対する想いの強さ
女性から「ねえ、夜景見に行こうよ!」と問われたとき、同じテンションで「うん、いくいくー!」と答えられないのが、男子の辛いところ。「ああ、いいよ〜」程度にテキトーに流して予定をあいまいにするか、「えー、寒いからいいよ……」と拒否する人もいるでしょう。

■夜景をないがしろにすると、恋愛の危機に陥る可能性も!
仮に拒否でもしようものなら、彼女のテンションはだだ下がり! 冬は肌寒く、ひと肌恋しいシーズン。一般的には恋愛が盛り上がる季節なのに、一気に外の気温同様に冷え込む可能性すらあります。

■女の子にとって、夜景とは「宝石」の代用品!
そもそも、女の子は永遠のお姫様なのです。お姫様は、光り輝く宝石を身に付けているモノです。妹や姉、女の子の幼馴染がいた方であれば、子供時代に「お姫様ゴッコ」に付き合わされた経験があるはず。

■永遠のお姫様を今も生きている
光り輝く夜景は、少女時代に心ときめかせた宝石の代用品なのです。女子とは、どんなに大人になろうとも、永遠にお姫様でいたいのもの。だから、「王子様」である彼氏から、特別扱いされると嬉しくなってしまいます。そんな「王子様」がプレゼントしてくれる「宝石」であるはずの夜景に興味がないのです。怒るのは、当然といえば当然なのではないでしょうか?

いかがでしょうか? 基本的には彼女の想いをくみ取って、夜景観賞に付き合ってあげるのが無難。「どーしても嫌だ!」という方は夜景などに興味のない人と付き合えばいいのです。見分け方は簡単。出会いの場で、対象となる女性に「どんなデートをしたい?」と聞いてみたらいいのです。もしも、「春はお花見に、夏には花火を見に行って、クリスマスは……」などという人は、高確率でイルミネーションも大好きなはず。何故なら、その女性は恋愛においてイベント性を強く求めているからです。
夜景が嫌いなあなたがお付き合いすべきは「クリスマス?ただのキリストの誕生日でしょ?」と一笑に付す人です。何故なら、その人は恋愛においてどこへ行くかではなく、誰といるかを重視する可能性が高いからです。


文●ロックスター

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催