彼氏と初詣デート! ガッカリされないために知っておきたい神社・お寺の参拝作法

学生の窓口編集部
2015/11/29
恋愛
あとで読む

彼氏と初詣に出かける際は、参拝方法を知らないと恥ずかしい思いをするかもしれません。今回は、神社やお寺での参拝にかんするマナーをお教えするとともに、デートというところで盛り上がるポイントについても紹介します。

■余裕を持って計画を立てる

参拝に入る前に注意しておきたいのは、計画をたてるとき。有名なお寺や神社は、全国各地から参拝客が訪れるので、周辺が混雑する恐れがあります。次の予定を組んでいるときは、余裕を持ったスケジューリングをしましょう。

■せっかくなら寄り道

また、遠出する場合は、せっかくなら近くの観光スポットやレストランへ食事に行こうと考える方もいるでしょう。だたし、年始はまだ営業していない場所もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

■鳥居をくぐるとき

さて、参拝方法について述べていきます。神社に着いて、まずは鳥居をくぐるところからです。ここでは、一礼を欠かさずにすること。次に、参道を歩くときは、左右どちらかの端を行くように。中央は、神様の通り道とされているからです。

■手水舎でのお作法

では、ここで手水舎でのお作法について。まず、手拭きを用意し、柄杓を右手に持って汲んだ水で左手を清めます。次に、柄杓を左手に持ち替えて、先ほどと同様に今度は逆の手を清めます。そして、再び柄杓を右手に持ち替えて、口をすすぐのですが、ここでやってはいけないのは直接柄杓を口につけてしまうこと。手のひらで水を受けてから、口をすすぐようにしましょう。最後に、左手を水で清めて、元の位置に戻すまでが、一つの流れです。

■本堂に入ってから

いよいよお参りです。基本は、二拝二拍手一拝。これさえ押さえておけば問題ありません。具体的な手順としては、まずお賽銭をそっと投げいれてから鈴を振ります。次に、二度礼をして一呼吸おいてから、二回拍手をします。そして、祈願です。終わったら最後に一礼して、後にします。

■祈願するときの注意

作法については以上ですが、気をつけたいのは願い事をしすぎないこと。あれやこれやといろいろ妄想して、欲張らないようにしましょう。彼氏とのデートなので、せっかくなら彼との幸せを一緒にお願いするというのがよいでしょうね。

■服装にも気遣いを

デートなのでオシャレしていこうという気持ちは分かりますが、砂利道や人が混雑している中を進むので、歩きやすい服装と靴が好まれます。寒い時期なので着こんでくる人が多いでしょうが、やはり神聖な場所なので過度の露出は控えるべきです。

■着物でもいい?

また、逆に着物を着てこようとする方もいます。初詣としてはふさわしい格好ですが、デートという点でいうと、男性がちょっと気後れするかもしれません。長年連れ添った関係ならまだしも、付き合って間もない場合などは、そのあたりの配慮が必要になってくるでしょう。

新年最初のデートが、初詣というカップルも多いでしょう。上記の点に注意しながら、楽しい一日をお過ごしください。絵馬に2人の幸せを書いてみたり、おみくじで新年を占ったりすると、さらに仲が深まって、よい一年のスタートをきれることでしょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催