冬の恋愛の醍醐味? 家デートにおすすめの冬映画4選

学生の窓口編集部
2015/11/28
恋愛
あとで読む

寒い日には無理して出かけず、まったり映画を観てお部屋デートするのもいいですね。心温まるハッピーエンドの映画、感動できる映画、手に汗握るアクションなど、クリスマスや冬をテーマにしたおすすめ映画を4本ご紹介します。

■ラブ・アクチュアリー

クリスマスシーズンの定番映画としてもファンの多い映画です。クリスマスの時期にまつわる9つのストーリーがお互い微妙に絡まり合いながら、同時進行していきます。テーマは「愛は実際、あなたの身の回りに溢れている」というもの。それぞれがハッピーエンドの、または切ないラブストーリーになっていますがどれもが心温まるようなものばかり。一度見て桃井内ど見返したくなる映画ですよ。

■ホーム・アローン

当時10歳だったマコーレー・カルキンが一気に有名になった1990年の大ヒット映画、「ホーム・アローン」。ひょんなことからクリスマスの家族旅行に置いて行かれ、家に一人で残ることになります。空っぽになった家は空き巣二人組に狙われることになるのですが、ケビンの知恵で家にさまざまな仕掛けをするというドタバタコメディーです。ですがただ笑えるというだけのコメディーではなく、家族の愛などもテーマになっており、ほっこりできること間違いなしの映画です。

■南極料理人

南極観測隊員のひとりとして、平均気温マイナス54度、標高3000メートル以上の観測拠点「ドームふじ」で冬を越す隊員たちの食事を作るため派遣されたのは、堺雅人の演じる西村淳。限られた食材を駆使し、厳しい仕事に励む隊員たちの胃袋を満足させる西村の奮闘を描いた映画です。この物語は実話で、実際に南極に出向き、料理をしていた西村淳のエッセイが原作となっています。またこの映画は日本映画監督協会新人賞の最終選考まで残ったり、新藤兼人賞で金賞を受賞。見応えがあるだけでなく、観ると幸せな気分になれると、人気の高い映画です!

■クリフハンガー

ロッキー山脈で、友人ハルの恋人の救助に失敗し、憎まれることとなったゲイブ(シルベスター・スタローン)。そんな中、国際犯罪組織が財務省から強奪した紙幣を山脈に落としてしまい、悩んだ末ゲイブたちのいる山岳救助隊に助けを求めます。救助に訪れたゲイブ、そして友人ハルは犯罪組織に脅迫され、現金の詰まったスーツケースを探すこととなります。雪の山脈の中繰り広げられるハラハラドキドキのアクション・サスペンスを恋人と一緒に体験しましょう!

映画を観ることによって、日常生活ではなかなかありえないような疑似体験を恋人と一緒にすると、二人の仲も一層深まりますよ。寒すぎる日、雨が降った日、出かけたくないなという日はおうちで映画デート、おすすめです!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催