ピュアな恋愛に感動! 思わず恋がしたくなる映画5選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

映画に出てくるヒロインたちの行動は、客観的に観ていると危なっかしい感じがしたり、勇気があると感じたりします。自分が失恋したばかりだったりすると、もう恋愛なんてしたくないとさえ思ってしまうこともありますが、そんな映画のなかの登場人物の生き方に感動して背中を押されることだって少なくありません。

■her 世界でひとつの彼女

舞台は近未来。主人公のセオドアは、AI型OSの「OS1」に興味をもち、自宅のパソコンに取り込みます。そこから、「サマンサ」と名乗る女性が、語りかけてくる日常が始まります。それまでのつまらない生活が一変して、セオドアの灰色がかった暮らしがどんどん彩られるようになっていきます。セオドアが、「サマンサ」のいつも前向きな姿勢に元気づけられる様は、恋愛の素晴らしさを存分に描いています。

■P.S.アイラブユー

突然、最愛の夫を失ってしまう悲劇に見舞われるヒロイン。あまりに急なことで、その死を受け入れられずに落ち込む日々を送っている彼女のもとに、ある日、手紙が届きます。その差出人は亡くなった夫でした。それからというもの毎月、手紙が届くようになります。死に別れるとき、残される側の辛さを、去る側が理解してそれを生きているうちにフォローする。そんな健気な愛情深さが、心に響いてきます。

■地上5センチの恋心

大人向けのラブ・コメディーなので、軽い気持ちで観始められる映画です。笑いの要素がちりばめられていて、楽しんで観ているうちについつい引き込まれていきます。なにより、カトリーヌ・フロが演じる平凡な主婦の前向きで明るい女性像が魅力的です。ありふれた日常を楽しく生きている彼女のもとに訪れる奇跡が、幸福感をもたらしてくれます。ひとを好きになる気持ちというのが、尊いものであるということを再認識させてくれる映画です。

■あと1センチの恋

友達以上、恋人未満の関係に悩んでいる人には絶対に観て欲しい作品。二人の距離が近すぎることで、恋愛感情へのステップをいまいち踏み出せない。だけど、お互いのことを誰よりも知っているし、心の底では愛情もある。そんな二人が遠回りしつつ、それぞれに自分の気持ちを再確認していく姿が、甘酸っぱく切ない気持ちにさせます。近づいたり離れたり、不器用で自分の思いをはっきりと相手に伝えられない二人の行動は、お世辞にも恋愛のお手本とは言えませんが、ひとに恋をすることの大切さをしみじみと感じさせてくれます。

■ゴースト ニューヨークの幻

陶芸家として活躍しているヒロインのモリーは、銀行員のサムと順風満帆な生活を送っていました。ところが、不慮の事故でサムが突然この世を去ってしまいます。悲しみに打ちひしがれるモリーのもとに、ゴーストとなってサムがあらわれるというストーリーです。この映画のみどころは、ゴーストとなったサムの存在をなかなか信じられないモリーに、サムがなんとかして自分であることを伝えようとする姿です。最終的には、二人に共通した記憶が鍵となります。恋愛の過程で、平凡であっても二人の想い出を育み、積み重ねていくことの大切さを痛感できます。

ラブコメやロマンチックな作品は、甘過ぎて敬遠するという方もありますが、こうした作品のなかで描かれているのは、単なる恋人どうしの甘い生活ではなく、人生そのものです。人の生き方に焦点を当てていくと、自ずと恋愛がテーマになります。恋人どうしで同じ映画に共感できるということは、人生観も合致しているということにもなりますね。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催