それじゃ嫌われるかも? 恋人・好きな人におやすみメールを送るときに注意すること5選

学生の窓口編集部
2015/11/25
恋愛
あとで読む

あなたは恋人におやすみメールを送ってみたいですか? 恋人同士の中には、毎日おやすみメールを送っているひともいます。また、友達以上恋人未満と感じている異性からおやすみメールが届くこともありますね。この場合自分に好意を持ってくれている可能性大です。おやすみメールは使い方次第で相手との距離感をぐっと縮めるチャンスです。その反面夜遅い時間帯のメールは相手に内容によっては迷惑になってしまうことも。どうすれば相手に迷惑をかけず好印象をもってもらえるのでしょうか。おやすみメールで気をつけたいことについてご紹介します。

■気をつけること その1:一言「今日一日お疲れ様でした」とねぎらいの気持ちを忘れずに

勉強や部活、アルバイトに忙しい彼。寝る前は一日のやるべきことを終えてほっとしている時間帯です。その場面で一日をねぎらってあげるような文面のおやすみメールを送ると、うれしく感じるものです。その文面からあなたの優しさをさりげなく伝えることが出来ます。

■気をつけること その2:一言「体に気をつけてね」ときづかいをみせる

彼が毎日忙しそうにしているなら、さまざまなプレッシャーと戦いながら無理をしている可能性が大です。そんな一日を過ごし疲れて眠ろうとしているときに、あなたから気遣いを感じるメールをもらえば彼も癒されること間違いなしです。ここで彼に「無理しないでね」とか「心配しているの」といった内容のメールを送ると、彼に放っておいて欲しいと思われてしまう危険性も。同じ意味ではあるのですが、彼の行動を否定する「無理しないでね(無理しているでしょ)」よりも「体に気をつけてね」と送ったほうがより優しさが感じられるはずです。

■気をつけること その3:一言「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える

彼と親しい間柄の場合には、一緒に出かけたり楽しく過ごす場面もでてくるはず。そんな時には、おやすみ前に一日楽しく過ごしたお礼の気持ちを伝えると好感度が高まります。「今日は一日ありがとう。楽しかったです」「今度ぜひまた会いましょう。おやすみなさい」とシンプルな文面にしておくと、彼も負担を感じずうれしく思ってくれるはずです。気持ちが盛り上がったときのメールほどシンプルに。これがおやすみメールで相手に負担をかけないための鉄則です。

■気をつけること その4:おやすみメールは短めに

気になる相手に送るおやすみメール。ついつい自分の気持ちをいろいろ盛り込みたくなってしまいますね。眠る前の時間帯は気分も高ぶりやすく、メールの文面が感情的になりがちです。夜は相手も疲れている時間帯ですから、長い文面のメールを読ませることは相手の負担になってしまいます。おやすみメールは、長くても3言以内にしましょう。短いおやすみメールでも、相手への配慮のいきとどいた内容のほうが相手への好感度がアップします。

■気をつけること その5:おやすみメールでは返信は期待しない

寝る前は相手も疲れている時間帯。相手に返信による負担を与えない配慮ができたほうが好印象につながります。おやすみメールはあくまでこちらから一方的に送っているもの。返信を期待した内容は、相手にとって負担になり煙たがられる原因となります。疑問系の形でおやすみメールを送ってしまうと、彼は疲れているのにその返事をしなければいけない空気感がでてしまいます。どうしてもメールを送りたくて、夜遅いけど勝手にメールをおくっちゃいましたと言う姿勢のメールのほうが彼も気遣いが感じられて、あなたへの距離感も縮まるまず。

いかがでしたか? 眠る前に送るおやすみメール。おやすみまで一緒に過ごしている感覚がうれしいもの。疲れている相手への気配りを忘れず上手に活用してくださいね。相手が友達以上恋人未満の関係なら、メールの送り方しだいでぐっと距離感を縮められるはずです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催