え、違うの!? 「天王山の戦い」は天下分け目じゃなかったってほんと?

学生の窓口編集部MI(GW)
2015/12/05
ネタ・おもしろ・エンタメ
あとで読む

え、違うの!? 「天王山の戦い」は天下分け目じゃなかったってほんと?

スポーツなどで「今日が天王山ですね」というような、先行きを決定付ける重要な試合を「天王山」と呼びます。これは豊臣秀吉と明智光秀が戦った、天王山の戦い(山崎の戦い)が由来となっています。

しかし、この「天王山」を押さえることで、勝敗が決したとされていますが、史実は違います。実際には、天王山ではなく、山崎の「宝寺」が攻守に都合の良いカギとなる場所だったのです。

この戦いにおいて秀吉を助けたのは、軍師・黒田官兵衛の奇策でした。

■明智光秀はデキる男だった?

秀吉が光秀を討つきっかけとなった出来事は、言うまでもなく「本能寺の変」です。

しかし光秀は、信長を襲う1年前、自らの家臣を戒めた「家中軍法」の中で、「私は瓦礫(がれき)のように沈んでいた境遇から、信長様に取り立てられ、強大な軍勢を任されるまでに至った」と、信長への感謝の気持ちを表していました。そもそも明智光秀という人物は、出生年も定かではなく、その人生の前半はよくわかっていません。そしてその身分は低かったと考えられます。

しかし、40代で信長に仕えると、すぐに織田家家臣の中でもイチバンの出世頭となりました。その証拠に、誰よりも早く近江坂本城主となり、その後、丹波一国を加増されて、さらに亀山城主になったのです。坂本と亀山は、京都東西の要衝です。信長は、光秀に大いに期待し、仕えて日の浅いにもかかわらず、織田家の古参武将と同等の扱いをしたのでした。

武闘派の多い織田氏家臣団の中にあって、光秀は和歌や茶の湯に通じた教養人でした。京都で光秀は、朝廷との交渉役となったり、公家との連歌会に参加して歌を詠むなど、他の武将たちができない役割を果たし、信長に貢献しました。

そのうえ、抜群の射撃技術を持っていたため、戦にも強かったのです。結果を出せない者はリストラされる超実力主義の織田家においても、その才覚は抜きんでていました。そして情にも篤く、戦死者の葬儀にしても、侍大将も下っ端の足軽も関係なく同額の葬儀費用を出していました。おそらく光秀は、頼れる大将でした。

ではなぜ、光秀は信長を討ったのでしょう。信長を恨んでいたなどさまざまな説がありますが、その真相はいまだにわかっていません。

次のページ黒田官兵衛の奇策

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催