マイナビ家庭教師
マイナビが運営する「ハイクラス」学生講師家庭教師サービス

TEL:0120-701-517

受付:月曜~金曜(祝日を除く) 10:00 ~ 18:00※1都3県エリア対象、詳細はお問い合わせ下さい。

「アゲ育」で3姉弟が難関中学合格! ~早咲きの桜、開きました~

マイナビ家庭教師
2015/11/25
ニュース
あとで読む


「言葉遣い」

子育てをしていく上で、親の言葉遣いが子どもに及ぼす影響はとても大きいと思います。
生まれた時から毎日話しかけられるその言葉が、その子の成長に大いに関係していくように思うのです。

乱暴な言葉遣いで子育てをすれば、子どもも自然にそのような言葉を使うようになってしまいます。感情的に怒鳴ってしまうと、いつかはその子もそのような言葉を使うようになると思うのです。
ですから私は乱暴な言葉は使わずに子どもを育てるようにしてきました。
それは、丁寧語を使うということではなくて、乱暴な言葉を使わないということです。

知り合いからの電話に娘が出ると、私と似ていてどちらかわからないとよく言われます。それは声が似ているだけではなくて、言葉遣いや話し方が似ているからだと思うのです。
小さなころから私の話し方を聞いて育った娘は、自然と話し方も似てくるのでしょう。考え方も似ているのかもしれません。それほど親の言葉遣いの影響は大きいのだと感じています。
息子達も、友達の間では少し違うのかもしれませんが、普段使う言葉は乱暴ではありません。
乱暴な言葉で子どもを怒鳴っている親子を見かけると、驚いてしまうようです。

そして、叱るときの言葉は、否定的なことをいうより、前向きな言葉をかけるようにするといいと思います。
例えば「なんでそんなこともできないの!」という言い方ではなく「○○できたらすごいね!」という前向きな言い方です。
親から否定された子は、何をするにも自信を無くしてやる気もなくしてしまうと思います。
私も幼い頃に親から否定的な言い方をされて傷付いたことがあり、今でもその言葉は忘れられません。
からの否定的な言葉は、子どもの心に深く残ってしまうのかもしれません。

また、毎日「可愛いね」と言われながら育てられた子は、自分を愛せる子に育つように思います。
自分を愛せるということは、他人にも優しく出来るでしょう。
逆に「ダメな子だ」と言われ続けていたら、自信を無くして本当にダメな子になってしまうように思うのです。

子どもには自信を持たせることが、全てのやる気に繋がると思うのです。
親が明るく前向きな言葉を遣って、子どもが優しくポジティブな子に育つといいですね!




【著者プロフィール】さんこ

「ほめて信じる」をモットーに子育てを行い、3人の子どもたちは中学受験!そして3人とも難関中学へ。

中学受験体験や子育てについてのブログ「さんこのブログ123」ゆるく更新中 http://miyabi123mm.blog.fc2.com/


合わせて読みたい

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催